3f5c50d2d0ab5d0252f57f7b6947b59b_s
今年から、8月11日は国民の祝日「山の日」です。せっかくなので、山に行ってみませんか? でも、いきなり富士山はちょっと不安ですよね! 

そこで、まずは初心者向けの山に登ってみませんか?

登山の魅力は、単純です。そうです…「気持ちがいいこと!」普段の生活から解放されて、ありのままの自分に戻れるんです。登山中は、無心になって日頃の悩みも忘れられますよ!

鋸山(のこぎりやま)は、千葉県の内房の富津にある標高330mのハイキングにちょうどいい山はいかがでしょう! ロープウェーがあり、階段なので登りやすいですよ。

有名な、地獄のぞきや千五百羅漢、大仏などがありのんびり歩いて、気分転換になるのでいいですよ! ロープウェーもあるし、大仏周辺まで車で行けるので子ども連れでも行けます。そんな鋸山の魅力を紹介します。

Sponsored Links

鋸山ってどんな山?

鋸山は、房総半島の南部、千葉県千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山です。鋸山は古くから房州石の産地として知られ、採石の跡がノコギリ状に見える事から鋸山(のこぎりやま)と呼ばれています。

まずは、映像をお楽しみください♪



曹洞宗の寺院である日本寺があり、地獄のぞきや千五百羅漢、大仏などが有名です。大仏周辺まで車で行けますし、ロープウェーもあるので、お年寄りや小さいお子さん連れの家族も登ることができますよ!

もちろん歩きたい人は、下から山の上の方まで登ることができます。ゆっくり歩いて片道1時間くらいで登れるので、ハイキングにちょうどいいですよ!

山の中に無数に存在する羅漢像は、実に1,553体あり、千五百羅漢と呼ばれています。羅漢というのは仏教用語の阿羅漢を略したもので、仏教における聖者を指す。この羅漢像達は、どれ一つとして同じ表情のものは無いと言われています。

自分にそっくりの羅漢像がいるかもしれませんよ! 探してみるのもいいですね。

百尺観音は1966年(昭和41年)山肌を削って作られたもので、その名前の通り百尺(10m強)の高さを誇ります。現在は交通安全の守り本尊とされていますが、もともとは第二次世界大戦の犠牲者と、東京湾周辺の陸海空の交通の犠牲者を供養するために作られたのです。

百尺観音は、この大きさにビックリですよ!!
Sponsored Links

アクセス

車の場合、案外困るのが駐車場。そして渋滞ですよね。GW(ゴールデンウィーク)などは渋滞がすごいので、朝早めに行くか、車で行かずに、公共の交通機関を利用しましょう。

鋸山の駐車場は、ロープウェー乗り場に1か所、登山自動車道(有料)を登っていくと山の中腹あたりにある大仏口管理所に1か所、その先に有料道路専用山頂駐車場、鋸山観光自動車道(無料)を登ったところに1か所の計4か所あります。

フェリー乗り場があるのですが、午前中はその近辺が混みます。抜け道もないので我慢して渋滞を抜けるしかありません。通過まで30分から1時間ぐらい混むことが多いです。

帰りは、木更津アウトレットからの流入もあり木更津金田IC付近が渋滞します。高速に乗るだけで2時間ぐらいの渋滞にはまることも!? アクアラインを通過せず千葉方面に向かうなら、木更津は迂回した方が良いかもしれません。

車で行く場合

【車で鋸山までの行き方】
東京 → 川崎 → アクアライン → 木更津 → 富津館山道路 → 富津・金谷ICから国道127号線を館山方向へ約5分

住所:千葉県安房郡鋸南町元名184 日本寺内


鋸山に車で行く場合は、次の3つの行き方があります。

1.日本寺の上まで車で行く場合
2.ロープウェーに乗りたい場合
3.駐車だけして登山したい場合



1.日本寺の上まで車で行く場合(体力のない方むけ)

お年寄りや小さいお子さん連れの家族や体力に自信がない場合は、日本寺の上の方まで車で行ってから、登るといいですよ! 大きな大仏様も見ることができます。

拝観料:大人600円 子ども(4~12歳)400円
拝観時間:8:00~17:00 
※17:00を過ぎると山道は暗くなるので、時間に余裕をもって行動しましょう。

2.ロープウェーに乗りたい場合

鋸山ロープウェーに車を停めてください。
【ロープウェーの料金】
大人:片道500円、往復930円
子供:片道250円、往復450円

ロープウェー山頂駅から見どころの地獄のぞきまでは歩いて20分かかります。帰りの最終のロープウェーは17:00ですので、乗り遅れないようにご注意くださいね。

頂上駅を降りてからは、地獄のぞき・百尺観音・大仏など見どころがたくさんあり、見学するのに1時間〜1時間半の所要時間がかります。時間に余裕をもって行動しましょう。

3.駐車だけして登山したい場合

登山道入り口に最も近い旅館・かぢや旅館さんが駐車場を日帰り入浴つきで700円で朝から貸してくれます。(事前に確認してください)ただし、GWなどの繁忙期は日帰り入浴はやっていない場合もあるので、かぢや旅館さんにお問い合わせしてください。

電車・バスで行く場合

最寄り駅:JR内房線 浜金谷駅または保田駅 千葉駅から浜金谷駅(普通)約80分

・ロープウェー利用の場合は、浜金谷駅下車から127号線を館山方向へ歩いて8分
・表参道から徒歩でのぼる場合は、保田駅から遊歩道


※トイレは大仏広場下の1か所のみです。山頂からだと歩いて行くにはちょっと遠いです。歩いて行くしかないのですが、階段をひたすら下りて下りて下りて、ようやくたどり着ける距離です。

ちょっとトイレに行ってくるという距離ではないので、事前に済ませておきましょう。

まとめ

都心からもそんなに遠くないので、ぜひ行ってみてください。そして、写真にもある「地獄のぞき」体験してみてくださいね。高さにビックリしますよ。(ちょっと、怖いけど…)

百尺観音は、その大きさにビックリです。パワーもらえますよ!

羅漢像は実に1,553体あり、千五百羅漢と呼ばれています。自分にそっくりの羅漢像がいるかもしれませんよ! ぜひ、探してみましょう。

夏だけでなく、紅葉の季節に行くのもいいですね! 週末にお出かけください。
Sponsored Links