dc3ca38bf51f2f724c77f3d894e5f312_s

戦場ヶ原は、日光国立公園内にある標高約1400mに広がる日本有数の湿原です。かつて湖だった場所が、乾燥化や男体山の噴火による軽石流などの流出で湿原となりました。

戦場ヶ原の名前の由来は、山の神が湿原を舞台に争いを繰り広げたと言い伝えられています。

整備された木道があるので、とても歩きやすく初心者でも安心です。湿原風景はもちろん、四季折々の植物や野鳥など楽しめます。運が良ければ、野生の鹿に遭遇することもありますよ!

四季折々の風景が楽しめオススメです! ぜひ足をのばして、ハイキングを楽しんでみて下さい。

Sponsored Links

戦場ヶ原の見どころ

標高1400mの高地に広がる湿原、戦場ヶ原。整備された木道がハイキングコースになっています。ミズナラ、シラカンバなどの樹木が、秋には色づき湿原の草も赤く染まり、とても綺麗です。

まずは、映像をご覧ください。



鹿やクマなど野生の動物に遭遇することもあります。鹿は、何度か遭遇したことがあります。水辺で水を飲んでいる姿は、とてもかわいいです! クマもたびたび目撃されています。グループで行動したり、クマよけの鈴をつけるなどしましょう。

近くに湯滝があり、ダイナミックな滝を間近に見ることができます。マイナスイオンたっぷりで、気持ちいいですよ! 赤沼から湯滝までのコースや途中で小田代ヶ原を回るコースなどいろいろあるので行ってみてください。

◆6月中旬~下旬
新緑に囲まれ、ワタスゲのかわいいふわふわの綿毛があたり一面にみられ、自然を体感できます。
湯川沿いにピンク~白い色のズミの花が咲き誇り、綺麗ですよ!

◆7~8月頃
イブキトラノオ、ホザキシモツケ、クガイソウ、ワレモコウ、ニッコウアザミなど
かわいい植物を見ることができます。

◆9~10月頃
黄金色に染まるシラカバやカラマツ、そして赤いモミジなど見ることができます。
小田代ヶ原では、数種類もの木々によって作り出される鮮やかなグラデーションも必見です。

オススメ戦場ヶ原の歩き方!

今回は、初心者でものんびりハイキングが楽しめるコースを紹介します。赤沼よりスタート→湯滝を目指します。
所要時間は、約2時間。約5kmを歩きます。帰りは、バスで赤沼まで戻ることができます。



赤沼

県営赤沼駐車場(無料)トイレもあります。
赤沼→赤沼分岐まで、約0.3km、約5分です。

※トイレは赤沼と湯滝にあります。途中にはないので済ませておきましょう!

青木橋

赤沼分岐→青木橋まで、約1.7km、約40分です。
湯川を横に見ながら歩いて行くと、途中から木道になり、開放的な湿原を眺めることができます。男体山を一望できる絶景スポットもあります。

所々にベンチなど設置されているので、休憩しながら歩いて行きましょう。透き通った湯川にかかる青木橋は情緒がありいいですよ!

泉門池(いずみやどいけ)

青木橋→泉門池まで、約0.9km、約25分です。

途中、小田代ヶ原分岐があるので、余裕のある方は小田代ヶ原を回って見るのも良いでしょう。ミズナラの林に囲まれた草原に、有名な「貴婦人」と呼ばれる一本のシラカバを見ることができます。

秋の紅葉の季節は、鮮やかなグラデーションを見ることができますよ!

泉門池は、湧水を水源とし、透明度はバツグン!! 池の周りには、ベンチとテーブルもあるので、池に遊ぶカルガモを眺めながらのんびり休憩できますよ! お弁当を持ってきて食べるのもオススメです。

湯滝

泉門池→湯滝まで、約1.5km、約40分です。

小さいながらも美しい小滝を見ることができます。滝の音が心地よく、気持ちいいですよ! 湯滝は、湯ノ湖からの湖水が岸壁を落下。落差70m、幅は最大25mに及びます。

間近に見る滝は、ダイナミックで迫力満点です。滝つぼの正面から、豪快な眺めが堪能できますよ!

有料の駐車場があり、トイレもあります。

【湯滝入口バス停】
湯滝→湯滝バス停まで、約0.3km、約10分です。

バスは、昼の時間帯は、1時間に1~2本、20~30分毎にありますが時間がバラバラです。気をつけましょう!
整備された木道があるので、とても歩きやすく初心者でも安心です。湿原風景はもちろん、四季折々の植物や野鳥など楽しめます。
Sponsored Links

日光戦場ヶ原までのアクセス



【車の場合】
日光宇都宮道路清滝ICをおりて、日光市街から国道120号でいろは坂を経由して向かいます。所要時間は1時間ほど
駐車場は、赤沼または三本松の県営駐車場を利用しましょう。

【電車とバスの場合】
東京新宿より、「特急スぺーシア」に乗車し、東武日光駅でおります。(新宿より、東武日光駅までは約2時間くらい)
JR・東武日光駅から、東武バス湯元温泉方面行きで1時間5分。赤沼下車すぐ。

帰りは、湯滝入口バス停より、東武バスJR・東武日光駅行きで1時間10分。東武日光駅下車。
戦場ヶ原は、栃木県日光市の奥日光と呼ばれる地域に広がる湿原です。華厳の滝や中禅寺湖よりさらに奥の日光湯元温泉の手前にあります。

まとめ

中禅寺湖からさらに山を登っていくと、標高約1400mの湿原が広がる戦場ヶ原。木道が整備されていて、気軽にハイキングが楽しめます。周辺には、滝もあり、湯滝・竜頭の滝。そして、少し足を延ばすとあの有名な華厳の滝を見ることができます。

都心から2時間半で行けますし、初心者から楽しめるハイキングコースです。春は緑豊かな戦場ヶ原が見られますし、秋には紅葉が楽しめます。特に紅葉の季節はオススメです。

自然を満喫に行ってみませんか? 運が良ければ、野生の鹿にも会えるかもしれませんよ! 
Sponsored Links