b1a73f2e2ca40795eccc7b2393886c51_s
厄年(やくどし)。初詣に行くと年表が貼られていて、厄除け・厄払いの言葉を目にします。厄年には、病気や天災などの被害に遭いやすいなど、あまり良くないイメージですよね。

そして、男性と女性では違う年齢に厄年がありますが、それはどうしてなのでしょう! きっと意味があると思います。

いろいろ調べてみましたので紹介しますね!

Sponsored Links

厄年について

厄年とは、災厄に遭いやすいと言われている年齢のこと! 厄年の風習は、平安時代からすでにありました。厄年は、人生の中で3回訪れるとされています。

男性:25歳、42歳、61歳
女性:19歳、33歳、37歳



いずれも数え年で計算します(生まれてきた年を1歳と数えるのです)その内、大厄というのがあり、男性42歳、女性33歳です。これは、最も大きな災厄を呼びやすい年齢とされています。

19歳、25歳は高佼から大学、大学から社会へと進み、環境の変化が大きく、ストレスもかかりやすい年齢です。そして、青春期の問題もあったりしますね。

女性は、30代に2回も厄年がありますが、結婚、出産で体調の変化を起こしやすい年齢なのです。

男性の61歳は、定年の時期ですね。体力も衰え、病気にかかるリスクも高くなり、自分の人生に対する不安も出てきます。厄年は、トラブルの起きやすい時期と言えますね!

地域によっては、「厄祝い」をするところもあります。役割を担う年=役年から厄年。それだけ、重要な役割のある年齢なのです。昔は、この年齢になると神様に使えるお仕事のお手伝いをしたり、重要なことを撒かされたりしたのです。

厄除け・厄払い(厄祓い)の違い


・お寺で行われることを厄除け
・神社で行われることを厄払いまたは厄祓い



どちらでも行うことができます。そして、どちらでも効果は変わりません。

・厄を近づけさせないのが得意な神仏
・厄を追い払うのが得意な神仏
・身代りになってくれる神仏


日本には、たくさんの神社やお寺があります。それぞれ信仰や地域、家族、親戚の風習などにより異なりますので、神社にお願いするのか、お寺のお願いするのか話し合って決めてもいいでしょう。
Sponsored Links

厄除け・厄払いは、いつすればいいの?

厄除け・厄払いは、本厄の年に行うのが一般的です。数え年で数える為、新年を迎えると同時に厄年に突入するのです。だから、お正月に厄除け・厄払いをする人が多いのですね!

年明けから、節分の間までに行われるところも多いです。誕生日の一か月前までに行うところもありますよ。地域によってもいろいろ違ってきますので、自分にあったやり方で良いのではないでしょうか!

お正月は、予約でいっぱいの場合が多いので、もし時間があるのなら、少しずらして行っても良いのかもしれませんね。

厄年は、神社仏閣によっても異なる


・立春 2月3日の節分で区切る
・新暦の1月1日で区切る



数え年で計算するのが一般的ですが、満年齢で計算するところもあります。神社やお寺によっては、「厄除け大祈祷祭」など厄除けのお祭りが行われるところもありますので参加してみるのも良いですね!

まとめ

厄除け・厄払いの意味、わかりましたか? 厄年は、地位や役割の移り変わりの時期なんですね! 体調が崩れやすかったり、ストレスがあったり…そうならないよう、溜めこまないようにすることも重要ですね。

気分転換は大切ですね! ストレス社会ですものね。

お守り代わりに、厄除け・厄払いをしておくのも良いのかもしれません。一年中いつでも厄除け・厄払いはできるので、なるべく早めにしておくことで、気持ちも落ち着くと思います。

とにかく、気持ちの問題なので何か嫌なことが起こっても、「厄年だから…」と済ませるのではなく、日々感謝して、過ごすと良いのではないでしょうか。

一年、楽しく過ごせますように…
Sponsored Links