子どもの頃は、もらうのが楽しみだった「お年玉」大人になると、そんな楽しみはなくなってしまいますね!

お年玉は、毎年成長していく子どもに、いくらあげたらいいのか悩みます。たくさんあげれば良いものではなく、親戚同士であげたお年玉の金額にあまり差があるのもどうかと思います。

今回は、「お年玉」の由来と金額の目安を調べてみたので紹介します。

参考にしてみてくださいね!

Sponsored Links

お年玉とは…

お年玉とは、もともとはお餅だったんですよ! 知っていましたか?

昔は、年の始めに「年神様」から新年の魂を分けていただく、つまり、毎年一年分の力を授かると考えられていました。お正月行事は、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事だったのです。

鏡餅は、年神様へのお供え物で、このお餅には魂がこめられ、この鏡餅を分け与えていたことから「おとしだま」と呼ばれていたのです。

「お年玉」の年は「年神様」を、玉は「魂」を意味しています。

その後、「目上」の人から「目下」の人に金品を与えるようになり、現在のようにお金をあげる「お年玉」になったのです。

基本的には、お年玉をあげるのは、親戚や親しい間柄の子どもだけです。

お年始のご挨拶に伺った上司のお宅にお子さんがいたとしても「目上の人の子供」にあげるのは失礼とされます。あげるならば、「御年賀」として図書カードなどあげるといいかもしれませんね!

何歳から何歳まであげるの?

お年玉をあげる年齢…気になりますよね! 赤ちゃんにはあげてもわからないだろうし、高校生や大学生はあげるべきなのか…悩むところですよね! 特に決まってはいません。だから、困るんですよね~



赤ちゃんにはどうする?

赤ちゃんにあげる場合は、1000円くらいが多いです。

それ以外にも幼稚園以下の子どもは、お金をよく知らないのでおもちゃやお菓子などをあげる方もいます。

確かに、小さい子どもにはお金よりおもちゃの方が喜ばれます。

みなさん、赤ちゃんの頃から「お年玉」としてあげている方が多いです。もらったら、お返しにあげなくちゃって思っちゃいますよね!

いつまであげるといいの?

自分はどうだったか。私の場合は、だいぶ昔のため覚えていません…

恐らく高校生くらいまでもらっていたような~でも、高校生にもなるとバイトや友達と遊んでいることが多く親戚の集まりなどにも顔を出さなくなっていますよね。

いろんなアンケートを見ると高校生までもらっている子もいるようですが、値段も小学生と同じ金額ともいかず、気を使わせてしまう気がします。

高校生は、10000円が多いです。

親戚同士、話し合っておくと良いかもしれませんね! 高校生にしてみれば、10000円も臨時にもらえるなんてラッキーですよね。でも、親はその分お子さんのいない親戚などには、お年賀として何か品物を贈らなければ…と考えちゃいますよね!
Sponsored Links

いくらあげたらいいの?

毎年、親戚の子どもにあげるのにとても悩みます。我が家の場合は、多すぎず、少なすぎない3000円としています。でも、もっとあげている家庭多いです。

小学校入学前の子どもは、1000~3000円で、お金をあげないなら、おもちゃやお菓子をあげています。小学校低学年は、3000円で、小学校高学年は、5000円としている家庭が多いです。

さて、この先が難しいですよね! 中学生は5000円くらいで、高校生になると、なんと10000円!! ちょっと、もらいすぎじゃないかな?と思いました!

バイトをしていたり、ほとんど顔も合わせないし…高校生にもなると話もしなくなります。そんな高校生にあげる必要はあるのでしょうか…では、お年玉の相場を表にしましたのでチェックしてください。

お年玉の相場
・赤ちゃん:1000円
・幼稚園・保育園:2000~3000円
・小学生:3000~5000円
・中学生:5000~10000円
・高校生:10000円



田舎で育ったので、年末年始は、親戚で集まって新年を迎えていたので、お年玉も少しずつたくさんの親戚の方にもらっていました。今は、親戚で集まって新年のお祝いも少なくなってきています。

いつまでお年玉をあげるかはその家族にもよりますが、高校生までの家もあれば、大学生までと決めている家もあるようです。

大切なのは、親が子どもにお年玉の意味を伝え、金額は多ければ良いというわけではなく、気持ちだということです。感謝の気持ちを忘れず、無駄遣いをしないよう、大切に使ってもらいたいです!

まとめ

お年玉の金額、大体わかりましたか? お年玉は、たくさんあげれば良いものではありません。親戚同士で話し合っておくといいかもしれませんね~

また、親が子どもに「お年玉」の意味を伝え、感謝の気持ちを忘れないでほしいものです。

たまに、お年玉をあげた後、中身を確認し「はぁ~」などため息をつく子いませんか? 自分の子どもにはそんな子になってもらいたくないです。頂けるだけありがたいと思ってもらいたいものです。

お年玉、子どもはハッピーですが…親は、悩むところですね!
Sponsored Links