7af60530d543237dde3140023e2d614c_s
「結核」は過去の病気だと思っていませんか? 実はそうではありません。日本では毎年約2万人が新たに結核を発症し、毎年約2,000人が結核で亡くなっています。結核の予防と早期発見・早期治療のために、結核のことを正しく知っておきましょう。

明治時代から昭和20年代頃までの長い間、「不治の病」「亡国の病」などと恐れられた結核ですが、国をあげて予防や治療に取り組み、死亡率は激減しました。しかし、人々の関心の低下や新しいタイプの結核がみられるようになってきています。

結核は、結核菌によって発症する我が国の主要な感染症の一つです。いわゆる空気感染で、一般的には肺の内部で増えて、咳・痰・発熱など風邪に似た症状が起こり、肺以外の腎臓、骨、脳など身体のあらゆる 部分に影響を及ぼすことがあります。

また、結核菌に感染した場合、必ずしもすぐに発症するわけではなく、体内に留まったのち再び活動を開始し、発症することがあります。

そんな結核について、最近また流行ってきていますので、いざという時のために知っておくといいでしょう。

Sponsored Links

結核って?

結核は、現在でも毎年約2万人以上の患者が発生する、我が国では最大の感染症です。

大正、昭和の前半までは結核死亡が我が国の死因の第1位でした。その後徐々に減少してきましたが、平成9年には、38年ぶりに結核の新登録患者数が前年を上回り、その後も減少の兆しは見えません。

その最も大きな原因として、高齢者の結核患者の増加があげられています。結核菌に感染した場合、必ずしもすぐに発症するわけではなく、体内に留まったのち再び活動を開始し、発症することがあります。

そうです。昔、結核に感染したけど発症せず、免疫力が低下し体力が衰えた今、発症するケースです。

さらに、結核集団感染や院内感染、多剤耐性結核菌など緊急に対応を図らなければならない課題が大きくなっています。都市部では若い働き盛りの結核死亡もみられます。

結核は決して昔の病気ではなく、今も流行しているのです。

次の章では、結核はどのように発症するのかみていきましょう。

結核はどのように発症するの?

結核を発症した患者は、ある程度症状が進むと、体内で増殖した結核菌を体の外に排出するようになります。そうした結核患者の咳やくしゃみとともに結核菌の混ざったしぶきが空気中に飛び散り、それを周囲の人が直接吸い込むことによって人から人へ感染します。

ただし、吸い込まれた結核菌の大半が鼻や喉、気管支などにある繊毛の働きによって体の外へ排出されますし、排出されずに肺に侵入した結核菌も、体の免疫力によって退治されてしまうので、ほとんどの場合は感染にいたりません。

結核菌が、それでも肺の奥にまで侵入した場合に、結核に感染します。

しかし、結核に感染したからといって必ず発症するわけではありません。通常は、体の免疫力によって結核菌は増殖を抑え込まれていわば休眠状態になるため、そのまま発症しなかったり、いったんは感染しても免疫力によって結核菌が死滅したりすることがあります。

体の免疫力が結核菌を抑えきれない場合、結核菌は感染後6か月から2年ほどの時間をかけてゆっくりと増殖し、発症するのです。乳幼児の場合は、免疫力がまだ不十分なため、感染するともっと短い期間で発症する場合があります。

感染者が高齢になったり、他の病気にかかったりして免疫力が低下すると、休眠していた結核菌が増殖をはじめ、結核を発症することがあるのです。

それでは、もし結核に感染してしまったら、どんな症状がでるのでしょうか…
Sponsored Links

結核の症状

肺結核の症状は、風邪の症状とよく似ています。咳・痰・血痰・胸痛・発熱・倦怠感(だるさ)などみられ、咳が2週間以上続く場合は病院を受診しましょう。

結核を発症した場合、そのまま放置し無治療でいると約50%の方が亡くなってしまうといわれています。現在は、医療の進歩により少しは減ってきていますが、それでも髄膜炎を発症してしまったりすると30%程度の方が亡くなり、治っても後遺症がみられています。

きちんと治療すれば、治る病気なので「あれ? 怪しいな…」と思う時は、病院を受診しましょう。

感染や発症を防ぐには?

規則正しい生活と栄養バランスのよい食事で普段から免疫力を高めておきましょう!

結核は結核菌という細菌による感染症です。患者の咳やくしゃみで飛び散ったしぶきの中の結核菌を吸い込むことによって、結核はうつります。マスクをするなど対策しましょう。

予防法

【検査法】
1.結核に感染したかどうかの検査は、ツベルクリン反応検査により判定
2.結核を発病したかどうかの検査は、胸部レントゲン検査により判定
3.結核の重症度の検査は、痰などの菌検査により判定



結核住民検診や学校・職場検診を積極的に受診することで、症状の出ないうちに発見されることもあります。毎年、検診を受け異変に早く気が付くことも大切です。

周囲に結核をうつさないことも大切なことなので、咳や痰が2週間以上続くようなら病院へ行き検査してもらいましょう。

日頃から、規則正しい生活をして、栄養バランスのよい食事で普段から免疫力をつけましょう。睡眠不足や疲れ、ストレスも体によくないのでリフレッシュと休息をとるよう心がけましょう。

まとめ

結核の恐ろしさ、わかりましたか? 「昔の病気だし…私には関係ない」など思わず、知っておきましょう。

吸い込まれた結核菌の大半が鼻や喉、気管支などにある繊毛の働きによって体の外へ排出され、排出されずに肺に侵入した結核菌も、体の免疫力によって退治されてしまうので、ほとんどの場合は感染にいたらない。

とありましたよね! ですから、日頃から規則正しい生活を心がけ、栄養バランスの良い食事で免疫力をアップしておきましょう。
Sponsored Links