4cd33c9f79c197d4b2b68da157861f7f_s
年末年始になると、お酒を飲む機会が増えますよね! そうなると、困るのが「二日酔い」です。取引先のお客さんと…なぁ~んて時に浮かない顔をしていては、うまくいくことも残念な結果になりかねません。

そんな時、二日酔いに悩まされずに飲むことができたらいいですよね! お酒は飲むなら楽しく飲みたいし、次の日に体調が悪いまま過ごしたくないです。

お酒を飲んだ時の「二日酔い」や「悪酔い」などの副作用から身体を守ってくれるのが肝臓です。この肝臓には、毒性の物質を無害な形に変化させて、排泄へと導いてくれる働きがあります。

肝臓を効果的に働かせる食材を選ぶことで、辛い二日酔いから脱出することができるのです。

Sponsored Links

どうして二日酔いになるの?

そもそも二日酔いはどうしてなるのでしょうか? お酒を飲むとたいていの方は陽気になります。大勢の仲間とテーブルを囲んでお酒を飲めば、楽しくなりますよね!

アルコールによって麻痺してしまった脳細胞は、嫌なことも忘れさせてくれますよね。そんな楽しい飲み会の後にやってくるのが「二日酔い」です。軽い頭痛から、食欲不振・吐き気など二日酔いの症状は人によって様々です。

では、この二日酔いはどうして起こるのでしょうか?

アルコールは、一度体内に入ると肝臓の酵素の力を借りて「アルコール→アセトアルデヒド→アセテート」と変化を遂げることで体内に代謝されていき、最終的には二酸化炭素と水に分解され汗や呼気とともに体外へ排出されていきます。

しかし、大量にアルコールを摂取してしまうと、アセトアルデヒドがアセテートになる作業が、間に合わなくなり肝臓で分解されることなく、血液中に流れ出てしまうのです。

このアセトアルデヒドは、血液の流れに身をまかせながら、全身のいたるところで悪行を働くのです。脳で血管を刺激したアセトアルデヒドは、二日酔いばかりでなく、吐き気をもよおし、酔いつぶれてしまったりと悪酔いを引き起こす原因にもなっています。

要するに、この猛毒物質アセトアルデヒドの流れを止めない限り、二日酔いは改善しないということです。これでは、次の日に仕事になりませんね…

二日酔いに効く食材は…

では、二日酔いになってしまったら、どうすればいいのでしょう。肝臓でアルコールが分解されることは先ほど述べたのでわかりますよね!

ということは…肝臓が元気であれば早く治るのです。肝臓の疲れを取り除いてあげることが大切です。

【オススメの食材】
・ビタミンB1:アルコール代謝を助ける(スイカ・ごま・豚肉・レバー・カキ・そば・うなぎ)
・メチルメチオニン:肝臓の働きを助ける(ゴマ・枝豆)
・タウリン:肝臓の解毒作用を強化(カキ・イカ・タコ・ホタテ・ムール貝・サザエ)
・ビタミンC:免疫力を強化(スイカ・キウイ・イチゴ・グアバ・アセロラ・大根の葉)
・ミネラル:体内バランスを保つ(カキ・ホタテ・ハラミ・海苔)
・タンパク質:胃の壁に膜を作り、二日酔いを防ぐ(牛乳・カマンベールチーズ・冷や奴・シジミ・おから)



二日酔いで出勤するときは、コンビニなどで、アセロラのジュースやイチゴ・キウイなどのフルーツを買って食べるといいですよ! シジミのお味噌汁も売っているので飲んでみましょう。
Sponsored Links

二日酔いの予防法

辛い二日酔いを防ぐには、日頃より栄養バランスの良い食事を心がけて、規則正しい生活をするのが一番です!

二日酔いを起こさないためには、肝臓の機能を高めておくことが必要になります。肝機能を高めるには、良質のたんぱく質が一番です。ビタミン・ミネラル・タウリンを含むおつまみを意識して摂取しましょう。

これらの栄養素は、二日酔いの予防だけでなく、二日酔いになってしまった時にも効果があります。二日酔いで身体がだるいようなら果物も摂取しましょう。

※お酒を飲む前に!
ビタミンB1やビタミンCを摂取したり、乳製品を食べて、胃の壁に膜を張っておくことも大切です。お酒は、楽しく飲みたいですよね!

まとめ

お酒を飲んだ時の二日酔いや悪酔いなどの副作用から身体を守ってくれる肝臓。この肝臓には、毒性の物質を無害な形に変化させて、排泄へと導いてくれる役割をもっています。

肝臓を効果的に働かせる食材を選ぶことで、辛い二日酔いとさようならできるのです。

飲む前や飲んだ後に先ほど紹介した食材を試しに食べてみてください。きっといつもより二日酔いが楽になるはずですよ!
Sponsored Links