7d050dfd06e20a08fc9fbd5ffa7d2eca_s

ヘルパンギーナ」あまり、聞きなれない名前ですよね? 子どもがかかりやすい「夏風邪」の一種で、急に高熱が出て、口の中に水疱ができる病気で、毎年6月下旬~8月にかけて流行します。

ヘルパンギーナは、暑い季節になると流行ってくるのですが、いったいどんな病気なのでしょう。特徴として、高熱と口の中に水泡ができるので手足口病と間違えやすいです。

ですから、「もしかしたら手足口病かも?」と思って病院を受診する方も多いはず! でも実際に病院へ行ったら「ヘルパンギーナですね。」と診断され、聞きなれない病名に「なんの病気なんだろう。ちゃんと治るの?」って、不安になりますよね!

そこで、今回はヘルパンギーナについて、症状や予防法など調べてみましたので参考にしてくださいね。

Sponsored Links

ヘルパンギーナってどんな病気?

子どもがかかりやすい夏風邪の一種で、次の3つの症状が特徴です。
1.急に高熱が出る
2.口腔内の水泡
3.咽頭痛


◆原因となるウイルスは?
ヘルパンギーナは、エンテロウイルス群によるウイルス感染症です。「エンテロ」とは「腸管」のことで、このウイルスは腸管で主に増殖します。この中でも「コクサッキーA型ウイルス」がヘルパンギーナの原因となるのです。

感染するウイルスによって、「ヘルパンギーナ」にかかったり、「手足口病」にかかったりするのですが、症状の出方のでみわけることができます。違いは、発熱と発疹の出る部位です。

ヘルパンギーナ:38~40度の高熱、口の中に水疱ができる
手足口病:37~38度の発熱、口の中に水疱ができ、手・足、または全身に発疹が出る



初期症状としては、どちらも口の中に水泡ができます。しかし、その名の通り手足口病は、手や足などに発疹が現れるのです。ヘルパンギーナは手や足には発疹は出ません。

そして、ヘルパンギーナは38~40度の高熱が突然出ますが、手足口病は37~38度の熱で、発熱しないこともあります。潜伏期間は2~6日ですが、やっかいなのは潜伏期間中でも感染力が強いため他の人にうつるんです。

ちなみに感染経路は…
・飛沫感染(咳や唾液)
・経口感染(排泄物や分泌物)
・接触感染


なので保育園や幼稚園、小学校などで大流行してしまうのです。次に具体的な症状をみていきましょう。

ヘルパンギーナの3つの症状

3つの症状がでたら、ヘルパンギーナを疑ってください。

1.高熱(38~40度近い高熱)
2.口内炎や口腔内の水疱
3.咽頭炎(喉の炎症)


突然、38度以上の高熱が出て2~4日くらい続きます。さらに喉の痛みを訴え、口腔内や喉の奥に水泡がみられるようになると、食事や水分がとれなくなります。痛みのために不機嫌になり、ツバを飲み込むのも痛いので、よだれが多くなります。水疱は1週間くらいで治ります。

口腔内が痛み、食べたくても食べられず不機嫌になったり、拒食、哺乳障害などによる脱水症など起こすことがあります。ですから、食事はやわらかくのどごしの良いもの(スープやゼリー、プリンなど)を与えましょう。

登園・登校の目安ですが、熱が下がり症状が軽くなれば登園・登校可能です。

では、予防のためにはどうしたらよいのでしょうか?

ヘルパンギーナの予防法

ほかの風邪などの病気と同じ予防法ですが、しっかりチェックしておきましょう。

1.手洗い・うがいをする
2.マスクの着用
3.タオルの共用はしない

基本的に気をつけることは、風邪の予防と一緒です。夏でも冬でも予防をしっかりしましょう!

私は、実際に子どもがヘルパンギーナになり、聞きなれない病名にちゃんと治るのか不安でした。子どもは、突然の高熱と口の中が痛くて食べたり、飲んだり思うようにできず、大変でした。

脱水にならないよう、ゼリーやプリンなどのど越しの良いものを少しずつ摂らせました。それから、口の中が痛くて歯磨きができなかったので、どうがいをさせたりしました。

高熱なので氷枕など使用し冷やすのも効果的です。

大人もうつるので、看病する場合はマスクを着用し、手洗い・うがいを徹底しましょう!
Sponsored Links

まとめ

ヘルパンギーナについてわかりましたか? 聞きなれない病気ですが、子どもがかかりやすい病気なので、知っているといいですね!

もう一度おさらいしましょう。

ヘルパンギーナの症状
1.38~40度の高熱
2.口内炎や口腔内の水疱
3.咽頭炎(喉の炎症)


先程もお話ししましたが、ヘルパンギーナは夏に流行る病気で、急に高熱が出て口の中に水泡ができます。手足口病と症状が似ていますが、手足口病は名前の通り手や足にも水泡ができるので違います。

ほとんどは、1週間くらいで治ります。水分や食事は、こまめに少しずつ与えるようにして、脱水にならないよう気を付けましょう! どうしても水分や食事が摂れない場合は病院を受診し点滴など受けましょう。
Sponsored Links