eaf0a9ab95c4f73f1d830a2ddd338ab4_s
「おせち料理」って、お正月に食べていますか? 地域や家庭によって、違いはありますが…いろんな願いが込められているのは何となくわかります。

しかし、子どもにわかりやすく伝えてあげることができますか? そう言われると…自信がない。

そんなあなたに伝授します。

これで、ハッピーなお正月を迎えられますよ!

Sponsored Links

おせち料理の由来って何?

おせち料理は、お正月に食べるお祝いの料理です。季節の変わり目とされる「節」に、神にお供え物をして宴を開いていたのです。その時に用いられた料理を「御節供料理(おせくりょうり)」といいました。

その後、正月の「おせち料理」として定着したのです。

昔のおせち料理には、豊作・家内安全・子孫繁栄を願う意味があったんですよ!

知らなかった~子どもの時から、お正月になると食卓に並んでいるおせち料理。なんとなく縁起物だから…と食べていました。いろいろ意味があるんですね! 

おせち料理の献立には意味はあるの?

ハンバーグやエビフライなど洋風の食事が好きな子どもにとっては、ちょっと食べにくいおせち料理ですが、縁起物でいろんな願いが込められていることがわかれば、食べてくれるかな…

それでは、おせち料理の具材を詳しく見ていきましょう!

黒豆:一年中「まめ(まじめ)」に働き、「まめ(健康)」に暮らせるようにと願い
数の子:数の子にはたくさんの卵があることから、子宝と子孫繁栄の願い
鯛:「メデタイ」から、祝い事の定番
田作り:稲の豊作、五穀豊穣を願い
紅白かまぼこ:かまぼこの半円形は「日の出」に似ている
紅→めでたさと慶び、そして魔除け
白→神聖、清浄
伊達巻:昔は大事な文書や絵は巻物にしていた。伊達巻は書物に似た形から学問や習い事の成就を願うんです(ぜひ、子どもに食べてもらいたい!)
栗きんとん:黄金色に輝く財宝に例えて、豊かな一年を願う(豊かさと勝負運を願っているそうです。食べなくては…)
昆布巻き:昆布は「よろこぶ」の言葉にかけて。健康長寿を願う
紅白なます:お祝いの水引をかたどってもので、平和を願う縁起物
エビ:腰が曲がるまで丈夫という長寿を願う。そしてエビの赤は魔除け
里芋:子芋がたくさんつくことから子宝に恵まれるように願う
れんこん:たくさんの穴があいていることから、将来の見通しが良いという縁起物
くわい:大きな芽が出ることから「めでたい」出世を祈願
(ぜひ、世のお父さん達に食べていただかなくては…)



他にもいろいろな食材が使われていますよね(覚えきれません)新年を気持ちよく迎えられるよう願いが込められているんですね!

おせち料理には日持ちする献立が多いのはなぜ?


・女性にお正月三が日は休んでもらおう
・神様をお迎えした新年に、台所を騒がせてはならない
・火の神様、荒神様を怒らせない為に火を使わない



神様と女性を大切にしていたのですね!

もちろん、今もそうだと思いますが…おせち料理は地域や家庭によって違います。それぞれ願いが込められて食べていることがわかりました。

子どもにとっては、あまり好きではないものが多いかもしれませんが、このような願いが込められているのだと知れば、少しは食べられるのではないでしょうか?

今では、おせち料理がネットで注文できたり、スーパーなどで注文できます。便利なので利用するものいいと思いますが…各家庭の味も大事にしていきたいですね!

おせち料理の他に、お正月にお餅も食べますよね! 私の実家では、神棚や玄関、床の間や勉強机に鏡餅をお供えしたものです。それでは、鏡餅のついての豆知識を伝授します。
Sponsored Links

鏡餅について

餅は、昔から神様に捧げる神聖な食べ物とされていました。祝い事や祭りの日には欠かせないものだったのです。昔は、多くの家庭で正月用の餅つきをしましたよね!

私は、小学生の頃クリスマスを過ぎると、家族みんなでお餅つきをして、お供え用のお餅を丸めて作りました。今では、機械でついてしまうんですが昔はうすと杵でぺったん、ぺったんと庭でつきました。

正月に神様に供える餅を鏡餅といいます。お餅は、12月31日につくのを一夜餅、29日につくのを苦餅といって嫌いました。1月11日の鏡開きまで、神棚や床の間など各部屋に飾ります。

お正月には、神様からすべての人や物に新しい生命を与えるために現れると伝えられています。お供えした餅には神様の霊が宿っているので、刃物を使わず木槌などで叩いて割って(鏡を開く)お雑煮や汁粉などで食べましょう!

ちゃんと意味があるんですね! 知らなかったです。

まとめ

おせち料理の意味、わかりましたか? 新年を気持ちよく迎えられるよう願いが込められているので、美味しくいただきたいですね!

子どもにとっては、あまり好きではないものが多いかもしれませんが、このような願いが込められているのだと知れば、少しは食べられるのではないでしょうか?

日本の素晴らしい伝統を守っていきたいですね!
Sponsored Links