箱根と言えば、温泉ですね! 箱根の玄関口にあり、古くから温泉地として有名な箱根湯本。源泉の数は箱根最多を誇り、箱根の中心的な温泉地として知られています。

宿泊するだけの時間はないけれど、箱根の温泉でゆっくりしたいという方にオススメなのが「食事付き日帰りプラン」です。温泉でゆっくり、そして美味しい料理と素敵な時間を楽しめますよ!

宿泊ではないので値段もお手頃です。もちろん、入浴だけでも大丈夫。温泉のはしごもいいですね! 寒い季節になってきたので、温泉につかり日頃の疲れをとってはいかがですか?

Sponsored Links

オススメの「食事付き日帰りプラン」

今回は、箱根湯本温泉「ホテル おかだ」そして、仙石原温泉「ホテルグリーンプラザ箱根」。この2つのホテルの日帰りプランを紹介しますね! では、1つずつ見ていきましょう。

箱根湯本温泉【ホテル おかだ】

箱根の山々を望む展望大浴場と地元の食材を心ゆくまで堪能できます。須雲川のほど近く、閑静な土地に5本の自家源泉を持つホテルです。展望大浴場や露天風呂、屋外には足湯もあります。

展望大浴場は、箱根の山々の眺望がすばらしく、たっぷり開放感を味わえます。バイキングでは、地野菜を使ったメニューや実演コーナーもあり、日替わりでメニューを変更。

住所:神奈川県足利郡箱根町湯本茶屋191
電話:0460-85-6000



入浴時間:10:30~15:00(最終入館14:00)
駐車場:130台(無料)

アクセス

【電車の場合】
箱根登山線「箱根湯本駅」より、箱根湯本旅館組合巡回バスAコース滝通り方面行 約5分

【車の場合】
小田原厚木道路箱根口ICより国道1号経由で三枚橋交差点で左折、旧東海道を通り直進約4km

料金
・1人3050円のプラン:レストランで昼食+共有広間休憩OK!
・スペシャルプラン3750円:隣接の「湯の里」での入浴が付いている
・入浴のみ:1450円





仙石原温泉【ホテルグリーンプラザ箱根】

仙石原の名湯につかりながら、富士山の雄姿を一人占めできます! 富士箱根伊豆国立公園、標高860mの高台に立つホテルです。中庭や自家源泉の露天風呂から見える富士山の眺めは絶景です。

箱根十七湯に数えられる名湯です。

住所:神奈川県足利郡箱根町仙石原1244-2
電話:0460-84-8611



入浴時間:12:00~15:00(最終入館14:30)
休館日:第1.3木曜日
駐車場:100台(無料)

アクセス

【電車の場合】
箱根登山線「箱根湯本駅」より「強羅」約35分。ケーブルカーに乗り換え「早雲山」約9分。次にロープウェイにて「姥子」まで約20分。姥子より徒歩3分。

【バスの場合】
「箱根湯本駅」より伊豆箱根バス湖尻・箱根園行約35分。姥子バス停より徒歩5分。

【車の場合】
東名高速道路御殿場ICより約16km

料金
・入浴+食事プラン 1人3800円(10名未満なら予約不要)
・入浴のみ 1600円



※バスタオル&フェイスタオルの無料レンタル付き
Sponsored Links

人気の日帰り温泉【天山湯治郷 かよい湯治一休】

天山湯治郷は、私のおすすめの温泉です。湯坂山と須雲川の間に隠れ家のようにたたずむ温泉施設です。8000坪の敷地内には、多彩な風呂や食事処・休憩処を揃えるひがな「湯治天山」「かよい湯治一休」の施設があります。

5つある源泉からは1日37万リットルの温泉が湧き出し、風呂ごとに泉質と温度が異なっています。

かよい湯治一休は、風呂と脱衣所のみのシンプルな温泉施設です。入浴専門施設の為、比較的静かでゆっくりと湯治気分を味わうことができますよ!

天山湯治郷とかよい湯治一休で、「はしご湯」ができます。雰囲気が違う2つの施設を楽しんでみて下さい。

住所:神奈川県足利郡箱根町湯本茶屋208
電話:0460-86-4126(天山) 0460-85-8819(一休)



営業時間:9:00~23:00(最終受け付け22:00)

料金:大人1300円 子ども(1歳~小学生)650円
かよい湯治一休にも入場できる「はしご湯券」は別途100円。
(土・日・祝日は利用不可)

※クレジットカードが使用できないので現金を持っていきましょう!

駐車場:140台(無料)

まとめ

箱根は、ちょっと遠い気がしますが、新宿から小田急ロマンスカーに乗って85分です。小田急線急行や快速で「小田原駅」まで約1時間30分で、箱根登山線で「箱根湯本」まで約15分です。

おしゃべりしていたら、あっという間に温泉街へ到着です。泊る時間はない、そんな方はぜひ行ってみて下さい。

温泉でゆっくりリフレッシュしてみませんか?
Sponsored Links