9a35971d83b897e91b4d4f3b6c76a44d_s

最近、流行っていてよく耳にする「マイコプラズマ肺炎」4年周期に流行があり、「オリンピック肺炎」とも言われていましたが、最近では、周期に関係なくみられるようになっています。

秋から冬に幼児や子どもに多く発症し、集団生活の環境でひろがっており、症状も軽症になっています。ただし、症状があいまいなため、そのまま放置してしまうと重症化しやすいので気を付けなくてはなりません。

マイコプラズマ肺炎とは、具体的にどんな症状なのでしょうか? 特徴を知り早めに治療できればいいですよね。ここでは、マイコプラズマ肺炎について徹底して調べてみましたので、参考にしてください。

Sponsored Links

マイコプラズマ肺炎とは?

肺に炎症が起こり、発熱や咳・呼吸困難を起こす病気を「肺炎」といいます。症状がひどくなると入院が必要になりますし、重い合併症を起こすこともあります。

原因はウィルスや細菌、マイコプラズマ、クラミジアなどいろいろありますが、注意点はそれぞれ症状や治療法が違うところです。

マイコプラズマ肺炎は、咳が長引くのが特徴です。幼児や学童に発症しやすく、痰や唾液・咳でうつります。そのため、学校など集団生活の環境でひろがってしまうのです。

原因となるマイコプラズマ(正式にはマイコプラズマ・ニューモニエ)は、細菌とウィルスの中間くらいの大きさの微生物です。ちなみにマイコプラズマ肺炎は、感染してから2~3週間の潜伏期間がありますので、なかなか気づかないんですよね。

マイコプラズマの主な症状

症状は、高熱が出た後、痰の少ない乾いた咳が続き、激しい咳のために背中や胸に痛みを訴えることもあります。それほど重症化しないことから風邪が長引いてるのかと自己判断し、違う薬を飲んでも効かない場合が多く、必ず病院でみてもらいましょう。

マイコプラズマ肺炎は、細菌性肺炎によく使われるセフェム系やペニシリン系の薬は効かず、マクロライド系・テトラサイクリン系の薬がよく効き症状がなくなります。

なかなか風邪が治らないなぁ? 咳が長引くなぁ? おかしいな? と思うときは早めに病院を受診しましょう。そして、マイコプラズマに対して有効な抗菌薬を処方してもらうようにしましょう。

この症状がでたらマイコプラズマを疑ってみる

1.風邪が長引き、咳や痰が増えた(乾いた咳)
2.高熱38~39度が出て、3~4日続く
3.呼吸が苦しそう(速くて浅い呼吸)
4.食欲がない、元気がない
5.胸痛・背部痛を訴えている


このような症状のある場合は、風邪や気管支炎から肺炎に移行している場合もあります。はじめは、風邪と似た症状なのですが、風邪薬ではなかなか治らず、咳が長引いて夜間の咳が目立つようになります。病院を受診し適切な処置をしてもらいましょう!
Sponsored Links

治療法とケア

咳以外の症状がなく、比較的元気があるので気づきにくいものです。胸部X線検査で初めてわかることもあります。肺炎の場合、聴診器で胸から雑音が聞こえるかどうか調べます。

マイコプラズマ肺炎の場合は、この雑音が聞こえないので診断がつきます。他にも痰や血液検査によりマイコプラズマ肺炎と診断されます。

早期診断・早期治療をすれば、入院等せずに治療薬を服薬しながら、外来通院で完治する病気です。勝手な判断はせず、医師の指示に従って治療薬を服薬しましょう!

マイコプラズマ肺炎は感染症ですので、風邪やインフルエンザと同様に、手洗い・うがい・マスクの着用・人込みを避けるなど予防することがポイントです。

もし、家族が感染してしまったら…
・寝室を別にする
・同じタオルやコップは使わない
・手洗い・うがいを徹底する
・マスクの着用



このように、風邪やインフルエンザと同じようにして、家族が感染しないようにしましょう。

まとめ

マイコプラズマ肺炎について、わかりましたか? 最近では、周期に関係なくみられるようになっています。秋から冬に幼児や子どもに多く発症し、集団生活の環境でひろがっており、症状も軽症であることが多いようです。

症状があいまいなため、そのまま放置してしまうことが多いのです。特徴を知り、早めに適切な処置ができれば症状も悪化しないし、感染も拡大しません。もう一度主な症状をおさらいしておきましょう。

マイコプラズマ肺炎の症状は…
1.風邪が長引き、咳や痰が増えた(乾いた咳)
2.高熱38~39度が出て、3~4日続く
3.呼吸が苦しそう(速くて浅い呼吸)
4.食欲がない、元気がない
5.胸痛・背部痛を訴えている

この症状だけでは、「風邪かなぁ?」と思いますよね。風邪がなかなか治らないなぁと不安に思う時はすぐに病院へ行きましょうね。

マイコプラズマ肺炎は、インフルエンザと異なり、ワクチン予防接種はありません。ですから感染者に近づかない、人込みを避ける。手洗い・うがい、マスクの着用などして予防しましょう。

飛沫感染によるものなので、咳やくしゃみ、痰や唾液などからうつります。気を付けましょう!
Sponsored Links