0eb0b2ebf76194635d253817cacdbef2_s

赤ちゃんでも幼児でも、身長は個人差が大きいものです。とはいえ、子どもの身長が低いと悩みますよね! まさに、私の子どもは背が小さくて…幼稚園の時も、小学生になってからも一番前です。

小さいとかわいいし、運動会ではいつも先頭で探しやすいですが、やっぱりそれなりに伸びて欲しいものです。

背の高い子と低い子では何が違うのでしょうか? 遺伝もあると思います。しかし、遺伝以外の問題もあるのではないでしょうか? 食生活や日頃の生活が影響するのではないかと思い、調べていくと「3つの重要なポイント!」があることが分かりました。

それでは、紹介していきますね。

Sponsored Links

背を伸ばすための3つのポイント!

背を伸ばすためにはポイントが3つあります。

1.食事
2.睡眠
3.運動


それでは、順番に詳しく見ていきましょう!

食事は最重要!

身長を伸ばすためには、昔から「牛乳を飲みなさい」といいますよね。でも、それだけで伸びるのでしょうか? 確かに、牛乳にはカルシウムが豊富に含まれ簡単に摂取できます。カルシウムは骨を強くします。しかし、骨を強くするだけでは背は伸びません。

カルシウムだけでは背は伸びないのです。

骨を伸ばすには、たんぱく質が重要です。このたんぱく質は、お肉や魚、大豆、卵や乳製品に含まれます。ですから牛乳ばかり飲むのではなく、好き嫌いせず、バランスよくたくさんの食品をとることが大切です。毎日なるべく同じ時間に食事ができるようにしましょう。

また、間食にスナック菓子などをたくさん食べてしまうと、食事を美味しく食べられなくなるので、気を付けましょう。

カルシウム → 骨を強くする
タンパク質 → 骨を伸ばす


この2つをバランスよく摂取することで、背を伸ばすための栄養になるのです。しかし、食べるだけではダメなのです。

ちなみにうちの子供は牛乳すら飲んでくれないんです。ずっと背が低いのを気にしていたので、毎日牛乳を飲ませていたせいか、余計嫌いになってしまいました。

そのため何とかカルシウムだけでもとってもらいたいと思い、おやつは小魚だけにしたり、食事で工夫していたのですがダメでした。そんな時に、昔でいうミロみたいな牛乳に混ぜてミルクココア味にしてくれるセノビックという商品をみつけました。




睡眠も大事!

昔から、「寝る子は育つ」と言われていますよね。本当なんですよ。なぜなら、寝ているときに成長ホルモンが多く出るからです。この成長ホルモンは、その名のとおり、成長を促すために欠かせないホルモンなのです。

日本の小・中学生は、塾や習い事、部活などでとにかく忙しい。そして、夜のテレビ番組やゲームがやめられないなどで、平均睡眠時間は、7時間ほどです。外国と比べてみると、欧米人は8時間以上多い人で9~10時間も睡眠をとっていることが分かりました。

睡眠中、夜22時~夜中2時がたくさん成長ホルモンを出すと言われています。成長ホルモンは、熟睡(ノンレム睡眠)状態になり、大量に分必される言われています。つまり眠りについてから2時間で一番深い眠りにつくと言われていますので、22時に深い眠りにつくには、20時頃には寝るのが理想です。

しかし、宿題や習い事などで忙しいですよね。そして、面白いテレビがやっています。なかなか20時に布団に入るのは難しいです。せめて、21時頃には寝るように心がけましょう。寝る前のテレビ・ゲームなどは脳に刺激となるのでやめるようにしましょう。

小学生に必要な睡眠時間:9~10時間
中学生に必要な睡眠時間:8~9時間


早く寝るように言っても、なかなか寝付けませんよね。生活リズムを改善し、早寝・早起きを心がけましょう。睡眠や食事に関係するのがもう一つのポイントとなる運動です。
Sponsored Links

運動は習慣化するのがポイント!

「運動をする。」と言っても、ハードな運動をすればいいものではありません。適度な運動が良いのです。これは、子どもの身長の増加には欠かせない大切なものです。運動自体が成長ホルモンの分泌を促し、睡眠を誘い睡眠中の成長ホルモン分泌を促します。さらに、運動の適度な刺激が骨を強くし、食欲も増進します。

運動不足になると、食欲が低下し、寝つきが悪くなります。その結果、朝も起きられずやる気もなくなり悪循環です。運動すると、食欲が増し、熟睡できて朝もスッキリ目覚めることができるのです。

では、どんなスポーツが良いのでしょうか? 特別なスポーツをする必要はないのですが、骨の発育には、骨へ縦方向の圧力がかかる運動が適していると言われています。ジョギング・なわとび・ダンス・バスケット・バレーボールなどです。ただし、無理やりさせるのは禁物です。

背を伸ばすには、情緒の安定が最もたいせつです。子どもの好きな運動をするのが一番です。外でのびのびと体を動かすだけで十分なのです。ですから、鬼ごっこ・キャッチボール・ドッチボールなどなんでも良いのです。

バスケットやバレーボールの選手には、もともと背の高い子が多いだけのこと! 好きでもないのに無理にさせるのでは、逆効果となってしまうので、まずは外でのびのびと体を動かしてみましょう。

まとめ

背を伸ばすための3つのポイント!

1.食事
2.睡眠
3.運動


背を伸ばすために、親が子どもにしてあげられることは…

・食事は栄養バランスの取れたものを作ってあげよう
・睡眠を十分にとり、規則正しい生活を送るようにする
・適度な運動をする(たまには一緒に体を動かそう)


この3つがポイントとなります。これらに気を付けてあげましょう。これで、身長が伸びるなら頑張れますよね。遺伝によるものもありますが、生活習慣で少しでも改善できるなら試してみてもいいのではないでしょうか? きっと伸びますよ!
Sponsored Links