2171dc65578b0be955bfe5d92fd1c23e_s

赤ちゃんのおでこを触って熱を感じると、誰もが「ドキッ」としますよね! でも、熱が出るということは、病原体から身体を守ろうとしているので焦ることはありません。まずは、赤ちゃんの全身の様子をみて、機嫌が悪くならないなら水分をこまめにとり様子を見ましょう。

でも、初めての発熱になると焦っちゃいますよね! そんな時どう対応するといいのでしょうか? 知っていると少し安心しますよね。

乳幼児のうちは、よく熱も出すと思いますので、熱が出た時の対応について知っていると役に立ちますよ。では、見ていきましょう!

Sponsored Links

熱の出はじめ

熱の出はじめは、急激に体温が上がるので赤ちゃんの機嫌も悪くなります。食欲がない・抱っこした時に体が熱いと感じたら、体温を確認しましょう。

赤ちゃんは、平熱が37度を超える子も多いです。元気な時に体温を測って、その子の平熱を知っておくといいでしょう!

体温を測る

使いやすく、比較的正確に測れる棒体温計を用意しましょう。わきの下の汗を拭き、一番くぼんだ部分に先端を当て、そのまま腕を下ろししっかりはさみます。

大人と同じ測り方が難しい場合は、体温計を下から中央部に突き上げるように入れて、ママの手で赤ちゃんの腕を押さえるやり方もありますよ!耳式の体温計は、1秒前後で測定でき便利です。しかし、鼓膜に先端が向いていなければならないので正確に測れないこともあります。

※激しく泣いている時などは、正確に測定できないので落ち着くのを待ってから測定しましょう

熱が上がっている時のケア

手足も熱いかチェックしましょう。熱が上がっている最中は、手足が冷たいこともあります。手足を触っても熱くない場合、もう少し熱が上がる可能性があります。

そんな時は、毛布などにくるみ温めてあげましょう。大人でも熱が出る時、体が熱くても寒いと感じることがありますよね「悪寒(おかん)」といいます。赤ちゃんも同じですので、温めてあげましょう!

熱が上がりきったら

熱が上がりきると顔が赤く、手足が熱くほてってきます。着ているものを薄手にして、布団を1枚減らすなど調節してあげましょう。無理に冷やす必要はありませんが、気持ちよさそうなら冷却シートや濡れタオルで冷やしてあげてもいいでしょう。

冷やすときは、保冷材は冷たすぎるので濡れタオルがオススメです。布団が濡れないようジッパーに入れると良いですよ!
Sponsored Links

熱が続いている時

◆水分補給
脱水症に気をつけて、こまめに水分補給をしましょう。熱が続くと、汗をかいて脱水症を起こすこともあります。下痢や嘔吐があればより脱水症になりやすいので注意しましょう。

水分は、母乳・ミルク・白湯・お茶・赤ちゃん用イオン飲料など与えましょう。

◆食事
食欲があるのなら、消化の良いものを食べさせましょう。無理に食べるよりも水分補給を優先します。食べられるようなら、おかゆやうどんなど消化の良いものを少しずつ与えましょう。

◆睡眠
眠りたいだけ眠らせてあげましょう。大人も同じですが…熱がある時は十分睡眠をとり、身体を休ませてあげましょう! 部屋の温度を快適に保ちましょう。

夏なら25~28度、冬なら20~23度くらいを目安にエアコンなどで調節しましょう。

◆着替え
汗をかいたらこまめに着替えましょう。汗をかいたままにしておくと、熱が下がったときに体を冷やしてしまいます。お湯で絞ったタオルで体を拭いて着替えましょう。

また、機嫌が良ければ、シャワーでさっと洗い流しても良いでしょう。ただし、長湯は体力を奪うのでやめましょう! パジャマは吸湿性のよい薄手のものを着せるようにして、汗を放出させましょう。

※熱が1~2日続き、元気もなく水分もとれない場合は、早めに病院を受診しましょうね!

熱が下がってきたら

熱は、一度下がってもまたぶり返すこともあります。熱が下がっても2~3日間くらいは、一日に2~3回程度熱を測って、熱のぶり返しはないかチェックしましょう!

発熱後は体力をかなり消耗しています。2~3日は家の中で静かに過ごし、体力回復を心がけましょう。

まとめ

発熱は、様々な病気の初期症状なので、熱が出たばかりの時は、何の病気かわかりません。体温の変化、全身状態などチェックしましょう。熱の高さより、赤ちゃんの全体の様子に気をつけましょう。

意識があり、機嫌がよく水分もとれるようなら少し様子を見ましょう。熱が出ても焦って夜間救急外来を受診する必要はありません。慌てずにどんな様子なのかよく観察しましょう。

適切な処置をしてあげることが一番大切なのです。
Sponsored Links