年末年始、なにかと忙しいですよね! そんな中、みなさんは大掃除はしていますか? 大掃除って、なんだか面倒で後回しになりがちですよね~効率よく終わらせる方法があったらいいですよね!

大掃除、何から始めたらいいのでしょうか…

そういう方に是非見ていただきたい! 掃除を効率よく終わらせる順番を紹介します。計画的に掃除をして、きれいなお家で気持ちいい新年を迎えましょう。

今回は、大掃除のコツを紹介しますね!

Sponsored Links

大掃除のコツを知っておこう!

掃除って、ついつい中途半端に手を付けてしまうんですよね~そして、どれも途中で終わっちゃったり…そうならないように掃除を効率よくしましょう。ポイントは5つ!

1.窓を開けて空気を入れ替えよう
2.散らかった物を片付けよう
3.一気にやろうとしない
4.つけおきや漂白など先に手を付ける
5.掃除用具は持ち運びやすくまとめておく



それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.窓を開けて空気を入れ替えよう

まずは、すべての窓を開け空気を入れ替えましょう。締め切った状態で掃除をすると、ゴミやホコリも舞ってしまいます。空気が流れていればホコリは自然と外に流れ出るので、どんどん気持ちいい空間になりますよ!

2.散らかった物を片付けよう

出しっぱなしの洋服、本や雑誌、子どものおもちゃなど元の場所へ片付けましょう。出しっぱなしになりがちですが、普段から出したら元の場所へ片づけるよう心がけましょう。

探し物も少なくなりますよ!

それから「物を捨てること」う~ん、これって意外と難しい…また使うかもとか、また着るかも~とタンスの奥の方やスローゼット、棚や倉庫などにしまいがちですよね!

先日、私も自分の服と子どもの服、おもちゃなど整頓したところゴミ袋4つ分もクローゼットやタンス、子どもの部屋にあったのです。ビックリしました!

1年に1度くらいは、チェックして思い切って処分したり、リサイクルに出したりしましょう。スッキリしますよ!

3.一気にやろうとしない

大掃除だからといって、家中すべてをやろうとしない。普段の掃除では手をつけないところ、例えば大きい家具や家電を動かしてホコリを取ったり、窓や網戸をきれいにするなどでいいのです。

そして、どこを掃除するのか決めて、計画的に行いましょう。一日に詰め込み過ぎたり、すべての個所を完璧にきれいにしようとすると疲れてしまいます。

どこから掃除したらいいのか、迷ったらまずはキッチンやお風呂など水回りの掃除をしてみましょう。目に見えてわかるので気分もアップしますし、やる気にもつながります。

4.つけおきや漂白など先に手を付ける

カビの生えたお風呂グッズ、油など汚れのひどいキッチン回りなどつけおきや漂白など先に手を付けておき、その間に違う個所を掃除しましょう。

5.掃除用具は持ち運びやすくまとめておく

トイレにはトイレ用の洗剤やブラシを使いますよね~お風呂にはお風呂用のキッチンにはキッチン用の…といったようにその個所に合った掃除道具をかごなどに入れておきましょう。

足りないものを取りに行くより、スムーズに掃除ができますよ!
Sponsored Links

順番のポイント!

掃除をするといってもどの順番でしたらいいのか…悩みますよね! 順番のポイントをチェックしましょう。

順番のポイント
・始めに不用品を整理して処分する
・キッチン、水回りから始めよう
・高い位置にあるものから(上から下へ)
・掃除機でホコリを取ってから、拭き掃除をする
・奥から手前に掃除する



では、詳しく見ていきましょう。

始めに不用品を整理して処分する

衣装ケースやカーペットなど大きなものは粗大ごみとして回収する必要があります。だいだい有料となるので、まずは不用品の整理からしましょう。部屋にある使わないものやゴミは、ゴミ袋にどんどん入れていきましょう。

キッチン、水回りから始めよう

まずは、食器やシンク回りにある調理器具や調味料などを片付けましょう。油汚れには重曹がおすすめです。水に溶かしてスプレーにすると便利ですよ! いらなくなった歯ブラシは細かい部分が掃除できます。

洗面所の石鹸カスや排水口のぬめりには重曹、水垢にはクエン酸がいいですよ~

高い位置にあるものから(上から下へ)

普段なかなか掃除をしない天井。実は、ホコリなどで汚れているんです。フロアワイパーにウェットシートをつけて汚れを落としましょう。意外と汚れているのでビックリしますよ!

壁の手垢やたばこのヤニ汚れは、アルカリ性洗剤もしくは消臭効果のある重曹を使って掃除しましょう。照明器具などもフロアワイパーなど使って優しく拭きましょう。

掃除機でホコリを取ってから、拭き掃除をする

掃除機でホコリやゴミを吸い取った後、濡れ雑巾でよ~く拭きます。窓ガラスのお掃除には乾いた雑巾も用意し、濡れた雑巾で拭いた後乾いた雑巾で磨くようにするときれいになりますよ!

テレビやコンセントなどにはホコリが溜まり気味。ホコリが積もってしまうと発火の危険もあるので、ホコリを吸い取り除去しましょう。

奥から手前に掃除する

雑巾がけなどは、前に進まず後ろ向きに! せっかく拭いた場所を自分が通ってしまうと台無しです。

きれいに見えるコツを教えちゃいます。仕上げのポイントを知っているときれいに見えて、気持ちもスッキリしますよ!

掃除の仕上げ3つのポイント
1.光るところは、光らせる
2.向きと幅、大きさを揃える
3.後ろ向きに下がっていく(奥から手前)



ピカピカしていると、きれいに見えるし、気持ちいい~♪ 玄関のスリッパや洗面所の小物など…出しておかなくちゃいけない物は揃える。見た目も重要ですよ! きちっと揃えると気持ちいいですね。 
Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか? ちょっと苦手な大掃除も効率よくやれば、きれいにできます。掃除を効率よくするポイント5つありましたね。

1.窓を開けて空気を入れ替えよう
2.散らかった物を片付けよう
3.一気にやろうとしない
4.つけおきや漂白など先に手を付ける
5.掃除用具は持ち運びやすくまとめておく



それから、掃除の順番もありましたね!

・始めに不用品を整理して処分する
・キッチン、水回りから始めよう
・高い位置にあるものから(上から下へ)
・掃除機でホコリを取ってから、拭き掃除をする
・奥から手前に掃除する



これらを踏まえて大掃除してみませんか? きれいな部屋で新年を迎えましょう!
Sponsored Links