バレンタインデー、なんかドキドキわくわくしませんか? 学生の頃は、愛の告白を…な~んて張り切って、手作りチョコ渡す子いましたよね!

最近のバレンタインデーは、ちょっと違うようですよ! もちろん、愛の告白をする子もいますよ~だけど…職場でも、義理チョコを贈る女性社員は減りつつあるんです。

男性のみなさんの楽しみが少し減ってしまいますね(T T)

その分、愛する彼女や奥さんから気持ちのこもったチョコをもらって下さいね。今回は、バレンタインチョコレートの由来やおすすめチョコレートを紹介しますね!

Sponsored Links

どうしてチョコレートを贈るの?

2月14日は聖バレンタインの命日です。その昔、ローマの皇帝が結婚を禁じたのに反抗して、殺された聖人バレンチヌスを祭る日に由来しています。

日本では、1936年(昭和11年)にモロゾフが「お世話になった方にチョコレートを贈りましょう」と広告を出したことが始まりです。しかし、戦後の間なかった為、あまり浸透しませんでした。

その後、1958年(昭和33年)メリーチョコレートが東京のデパートで、バレンタインチョコレートの販売を開始します。

なぜ、チョコレートを贈るようになったのか? それは1950年代に入ってから、製菓会社やデパートなどで行われたキャンペーンがきっかけなんですよ! 製菓会社やデパートのお菓子を売る為の戦略ですね。

今時のバレンタイン事情
本命チョコ→彼氏や夫に贈るもの
義理チョコ→社交辞令的なもの
ご褒美チョコ→自分へのご褒美
友チョコ→友達に贈る
逆チョコ→男子から女子へ贈る



私が子どもの頃は、モテる男の子は朝から大忙しで…休み時間のたびに女の子に呼び出され、紙袋いっぱいにチョコレートを持って帰る。そんな光景をよく見たような気がします。

ところが、現在は半数以上の女子学生が友チョコに力を入れているのです。

・友達とチョコレート交換をして盛り上がる
・友情が深まる
・彼がいなくても楽しく過ごせる



最近、人気のデコ菓子は、チョコレートだけでなく、クッキーやドーナツ、カップケーキなど安くてたくさん作れるのが、中・高生には大人気なんですよ~♪
Sponsored Links

海外もバレンタインはあるの?

欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈ります。フランスでは、男性から女性へアクセサリーや下着などを贈るとか…(^O^)

女性から男性へチョコレートを贈るのは、日本独特の習慣なんですよ!それも、現在はだんだん変わりつつありますね~

手作り簡単チョコレート

まずは、簡単にできるクッキーやカップケーキにデコるだけのものと、チョコレートを溶かしてアルミカップに入れるだけの簡単チョコを紹介しますね!



市販のクッキーやドーナツ、カップケーキにデコレーション

【材料と作り方】
1.好きなチョコペンを何種類か用意しメッセージを書きます。
2.アラザンやポップシュガーを飾って出来上がり!
3.かわいくラッピングすれば完成です。

カップチョコ


【材料】
・割チョコ ミルク(カップ用)150g
・割チョコ ミルク(カナッシュ用)150g
・無塩バター20g
・生クリーム100ml

【作り方】
1.カップ用チョコを湯線で溶かし、アルミカップに流しいれる
2.保冷剤などの上に置き、チョコが固まるのを待つ
3.ガナッシュ用のチョコとバター、生クリームを混ぜ、なめらかにする
4.搾り袋にガナッシュを入れ、チョコカップに搾る
5.お好みでアラザンやポップシュガーなどを飾り出来上がり!

簡単にできそうですよね! ぜひ、作ってみてくださいね。
Sponsored Links

オススメのチョコレートはこれ!

作る時間がない。そして、ちょっと高級なチョコレートを贈りたい方は、こちら!

GODIVA (ゴディバ)

有名な、ベルギーで1926年に創業した高級チョコレートメーカーです。ゴディバは、日本に、高級チョコレートの先駆けとして1972年に進出した後、現在では250以上の店舗を構えるまでに至っています。

自分へのご褒美に食べたいですよね♪

Pierre Marcolini (ピエール・マルコリーニ)

1994年にショコラティエとして独立。1995年にはクープ・デュ・モンド(菓子の世界大会)リヨン大会で優勝し、その後も数々の受賞歴を持つベルギーを代表するショコラティエです。

ピエール・マルコリーニの特徴は、カカオへのこだわりです。仕入れひとつをとっても、何度となくカカオ農園に足を運び、そこでカカオの選別を行った上で直接農園との契約を取り付けるというこだわりようです。

だから、美味しいのですね~少し値段が高くても納得です。

JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)

フランス・パリのショコラティエです。日本には空輸にて東京、大阪、広島、福岡の各都市の美味しいものが立ち並ぶ一等地に出店、そこでは数々のショコラが並ぶバーもあります。

その場で食べることができるなんて…いいですよね!

PIERRE HERME (ピエール・エルメ)

「パティスリー界のピカソ」といわれるピエール・エルメ。1998年ホテルニューオータニに第1号店がオープンしました。徹底的に素材にこだわったチョコレートです。

まとめ

いかがでしたか? どれも、食べてみたいですよね! まずは自分が食べてみてから、プレゼントしなくては…(^^)

高級チョコレートも良いと思いますが、個人的には手作りが好きです。プレゼントする相手のことを思いながら、一生懸命作る。

愛を感じますね!
Sponsored Links