478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_s

子供って大人に比べると虫歯になりやすいんです。虫歯になると痛いし、食事が摂れなくなるし、勉強も集中できず夜も眠れなくなります。やっぱり虫歯にならないのが一番ですよね。

歯磨きをしているつもりでも、子供の場合は「いつの間にか、虫歯になっていた」なぁ~んてことがあります。一般に小児科よりも歯医者の方が通院頻度は多いと言われているくらい、子供の内は虫歯との戦いですね。

私も子供の頃、1つ虫歯が治ったらまた別の虫歯ができて、歯医者によく通っていました。ですから私の子供にはそんな思いをさせたくないと思い、虫歯にならない様にしなきゃと、とことん予防のために原因を追求しました。

今回は、そんな経験を元に子供の虫歯の原因は何なのか、そしてその原因に対してどう対処すれば良いのかをお伝えしていきます。

悩まれている方は、一緒に見ていきましょう♪

Sponsored Links

虫歯の原因はこれっ!

虫歯とは、感染により歯質が軟らかくなり、歯が崩壊していく病気です。その原因となるのは虫歯菌なんです。

では、虫歯の予防法を知る前に、まずは原因を知っておきましょう。そうすれば、予防法が明確になりますよ。

みなさん虫歯菌って知っていますか? 

虫歯菌とは、主にみなさんも聞いたことのあるミュータンス菌のことなんです。

人の口の中には、およそ300~400種類の菌が生息しているといわれていて、その中の1つがミュータンス菌です。このミュータンス菌は酸を作り出し歯を溶かしていく働きがあります。

生まれた時は、このミュータンス菌はいないんです。では、なぜ菌が口のなかに入ってしまうかというと、唾液から感染するからです。幼い頃、お父さんやお母さんなどから口移しで食べ物を食べたり、同じ箸やスプーンなどを使用したりしたことで感染してしまうのです。

このミュータンス菌は、口の中に一度入り込むと完全に取り除くことはできません。生まれた後に虫歯の原因であるミュータンス菌が人から人へ感染するのです。


自分

虫歯菌の主な感染経路、原因はお父さんとお母さんなんですよ!



虫歯菌が感染しやすい時期は、ちょうど離乳食など始める生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間です。その間で感染する確率が高いので、この時期にならなければ虫歯菌は少なく済みます。

虫歯菌(ミュータンス菌)がうつるのが遅くなればなるほど虫歯になりにくいのです。

そのほかにも、日本では食生活の変化とともに多くの人が虫歯になっています。もう1つの原因として、虫歯は砂糖を多く含む食べ物との関係も深くあります。

食生活にも要注意

どんな食べ物によって子供は虫歯になってしまうのでしょうか。甘いものを食べると虫歯になるのではないか、と思いがちですが本当にそうなんでしょうか?

虫歯になるメカニズムは、まず食べ物によって、砂糖の主成分であるショ糖が口の中に入ります。するとその糖を虫歯菌が栄養に取り入れます。糖分を取り込んだ虫歯菌は酸を出します。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし虫歯になりやすくしているのです。

では、どんな食べ物が虫歯になりやすいかみていきましょう。

◆アメ
アメは角砂糖1個分になります。口の中で長い間とどまり、砂糖をしばらく舐めているようなもので意外と高カロリーです。

◆キャラメル
歯にくっつきやすく取れにくいです。歯にくっついてなかなか取れないことありますよね!そして、これもまた子供は大好きです。

◆チョコレート
カカオ自体は体に良いのですが、チョコレートには大量の砂糖が含まれています。

◆クッキー
噛んだ後、砕けて歯に挟まって、歯の間に残りやすいですよね!

◆ガム(キシリトール入りでないもの)
口の中で長時間噛むものなので、虫歯になりやすいのです。食べるなら、キシリトール配合のものにしましょう。キシリトールは虫歯菌が栄養を取り込めなくなるので歯にとても良いのです。

◆ジュース類
有名な炭酸飲料には、500mlのペットボトル1本に砂糖が55gも含まれます。角砂糖にすると実に16個分にもなります。

スポーツドリンクにも20~30g程度含まれます。100%のりんごジュースにも30gくらい含まれています。意外と砂糖の含まれる飲み物が多いことがわかります。

全部大人も子供も大好きなものばかりですよね! 確かに、お菓子を食べれば虫歯になるリスクは高まります。砂糖が含まれていますものね。でも、必ずしも虫歯になるわけではないのです。

歯にとって一番良くないのは、口の中に残ってしまうということです。口の中に残る時間が長い食べ物が虫歯になりやすいといえるのです。お菓子などダラダラいつまでも食べていることはやめましょう。

まとめると虫歯の原因は…
・ミュータンス菌
・砂糖を多く含む食べ物


原因を知ったところで、次に予防法をみていきましょう。
Sponsored Links

虫歯を予防する5つのこと!

効果のある虫歯予防の5つの方法を紹介していきます。

1.歯磨きとデンタルフロス
2.フッ素やキシリトール配合の物を利用する
3.砂糖の入っている飲食物をあげない(控える)
4.お父さんとお母さんの虫歯を治療する
5.歯医者で定期的にチェック


1.歯磨きとデンタルフロス

「食べたら歯磨き」これは基本です。ただ磨くのではなく、虫歯になりやすいところ(歯と歯の間や歯と歯ぐきの間など)を重点的に磨くようにしましょう。そして、寝る前は必ず仕上げ磨きをしてあげましょう。

自分

私は、子供に必ず仕上げ磨き行っています。特に寝る前はしっかり磨きましょう。



乳歯は一番奥歯が虫歯になりやすいです。ここはデンタルフロスを使うと良いので、寝る前に行うようにしましょう。


2.フッ素やキシリトール配合の物を利用する

歯磨きや歯磨き後にフッ素を使って虫歯を予防します。乳歯はもともと永久歯よりエナメル質が薄く弱いため虫歯になりやすいのです。そこで、エナメル質を強くするためにフッ素配合の歯磨き粉やジェル、洗口剤を使用します。

また、キシリトールは虫歯菌が栄養を取り込めなくなるので、歯磨きの後などにタブレットやガムを与えると効果的です。私の子供には、歯磨きのあとは必ずタブレットを与えていましたので、虫歯は10歳の今でも全くありませんよ。

3.砂糖の入っている飲食物をあげない(控える)

虫歯のもう1つの原因である砂糖を多く含む食べ物はあげない、もしくは控えるようにしましょう。いろんな食べ物、お菓子やジュースに砂糖が含まれています。子供はどうしても甘い味が好きですが、最初からあまり甘い味を覚えさせないようにしましょう。

ジュースをお茶や水に変えるだけでもいいです。子供の大切な歯を守ってあげられるのは、お父さんやお母さんですよ。

4.お父さんとお母さんの虫歯を治療する

子供が虫歯にならないためには、まずお父さんとお母さんの虫歯を治療することから始めましょう! 原因でもふれましたが、ミュータンス菌は人の唾液からうつるので、子供に感染させないために歯医者にいきましょう。

自分の歯の健康にもなるので、後回しにせずきちんと治しましょう。

そしてもう一つ、ミュータンス菌を感染させないために箸やスプーンは共用しないようにしましょう。ついつい子供に食べものを与えるときに、自分の箸を使ってしまいますが、別なものを用意することです。

ちょっと面倒かもしれませんが、虫歯の感染を少しでも避けるために、共用はやめましょう。

5.歯医者で定期的にチェック

歯医者で定期的にフッ素をぬるのも虫歯予防に効果があります。虫歯ができてからでは遅いので、フッ素をぬって予防をしておきましょう。私の場合は、3ヶ月に1回程度で通っていましたよ。

虫歯の原因と5つの予防法をみてきましたけど、いかがでしたでしょうか。日々の家事や子育てで忙しいお父さんやお母さんに100%この条件を守るのは難しいと思いますが、予防してあげられるのはご両親ですよ。






虫歯の原因は…
・ミュータンス菌
・砂糖を多く含む食べ物


虫歯の5つの予防法は…
1.歯磨きとデンタルフロス
2.フッ素やキシリトール配合の物を利用する
3.砂糖の入っている飲食物をあげない(控える)
4.お父さんとお母さんの虫歯を治療する
5.歯医者で定期的にチェック


食事のあとは歯磨き、これは基本中の基本ですが、今回紹介した5つの予防法もぜひ試してくださいね。
Sponsored Links