中学校に入ると、いきなり英語が始まりますよね~ 最近は、小学校でも英語を始めていますが…英語の音楽に合わせて歌を歌ったりするくらいで、英単語や文法を覚えることなどありません。

ところが中学では、始めはアルファベットなのでなんとかついていけますが、ローマ字と違う発音の英単語や文法が入ってくると、どんどんわからなくなり… 気がつけば英語がキライに! 

「英語は、暗記すればいい」って、言うけど…そう簡単には覚えられませんよね~ 私も子どもに「とにかく暗記すればいいんだから、簡単よ!」なぁ~んて言うけど、それが難しいんですよね!

私も覚えられなくて大変な思いをしました。テストの時だけ暗記して、その後復習しないので覚えているはずもなく…大人になってからも英語は、さっぱりわかりません。

英単語の効率的な覚え方、マスターしてみませんか? 

Sponsored Links

英単語を効率よく覚えるには…


1.インプットとアウトプット
2.書いて覚えよう(6~7回は書きましょう)
3.実際に使ってみる




1.インプットとアウトプット

まずは、インプットです。CDなどでいいので、聞いてみましょう。その後、アウトプットです。目で見て→耳で聞いて→声に出して手で書いたり動作をします。真似して発音するのもいいでしょう!

暗記の方法
・耳から聞く
・単語を見る
・ノートなどに書きながら自分も一緒に発音する



人は、記憶した情報を20分後に42%、1時間後に56%、1日後には74%忘れるといいます。そして、数週間から1ヶ月後には77%も忘れてしまうんです。このデータから言えることは、せっかく覚えてもほとんど忘れてしまうということ! なんだかショックですね~

忘れて当然ということなのですね! ですから、何を勉強するにも繰り返し復習しておかなければならないんです。

では、暗記をするといってもどうすれば効率よく覚えられるんでしょうか? 見て覚えるのか? 声に出すのか? ひたすら書くのか? 人それぞれあると思います。

それは、どれも間違っていません。どのように覚えても自分に合った覚え方でいいのです。暗記はとにかくインプットとアウトプットの繰り返しなんです。

2.書いて覚えよう(6~7回は書きましょう)

書けばいいわけではないのですが…人は常に新しい情報が入ってくるため、どんどん忘れていきます。ですから、聞いたり、見たりするだけでなく書いて覚えることも必要です。

身体で覚えるのです。一度書いただけでは覚えないので、6~7回くらい書きましょう。記憶は、何度か繰り返すことで暗記できるのです。「自分は暗記力がない」などと始めからあきらめず、まずは地道に繰り返してみましょう。

3.実際に使ってみる

う~ん、これが一番難しいかもしれませんね! 「恥ずかしいから…」と声に出して覚えようとしない方多いですよね~CDの真似をしてみようと聞いてもしゃべるスピードが速くてついていけません。

まずは、書店などでテキストと英語のCD付きのものを準備しましょう。テキストなど見ながらCDの発音を聞いてみます。その直後に自分も聞こえた通りに真似をして声に出します。

これを6~7回繰り返してみましょう! 覚えられなくても大丈夫です。人はすぐに忘れるんですから…何度も繰り返してみましょう。気がつけば、すらすらしゃげれるようになっているかもしれませんよ!

英単語を「覚えられない」と言っている人の大半は、復習をしていなかったりします。何度も繰り返すことが大切ですよ!
Sponsored Links

英単語が覚えられないのはどうして?


英単語が覚えられない理由
1.つづりと発音が一致しない
2.英語と意味が結びつかない
3.日常使うことが少ない



英単語が覚えられない理由、納得ですね。その通り~

1.つづりと発音が一致しない

小学生でローマ字を習いますが、英単語のつづりはローマ字とは違い、発音とつづりが一致しません。これが覚えられない理由です。つづりには一定のルールがあります。慣れてくれば簡単に覚えられます。

2.英語と意味が結びつかない

これは仕方のないことですが、辞書など見ると英単語と日本語訳が書かれていますよね。でも、何度覚えようとしても意味のないローマ字とその意味を結びつけるのが難しいですね。

3.日常使うことが少ない

漢字は、教科書や新聞、雑誌や漫画などで普段よく目にするので自然に覚えられます。しかし、英語は日本で生活をしていると使うことはほとんどありません。日常生活で使わない言葉は、なかなか覚えられません。

英語を覚える時は、いろいろな感覚を使って覚えると記憶に残りやすくなります。つまり、教材を目で見て覚えることに加えて、英語を耳で聞いて覚え、そして声に出してみるのです。

先程もお伝えしましたが、「見る」「聞く」「声に出す」この3つを繰り返すことによって、きっと覚えられます。教材には、ただ単語を覚えるだけでなく、例文も載っていることが多いですよね!

そのままの文だと、自分に関係のないことなので覚えにくいのです。脳は、自分に関係のないことは覚えるのが苦手なんです。ですから、例文の単語を入れ替えて、自分で日常使える英文に替え、自分の生活に関係する内容にしてみましょう。

そうすることで、現実的となり暗記しやすくなるんですよ♪

どうしても覚えられない時は!

何度も練習しているのに覚えられない時、ありますよね~ そんな時は、メモ用紙や付箋紙などで見えるところに貼るんです。私の場合、付箋紙に書いて、洗面所やトイレ、冷蔵庫などに貼って、休憩時間に覚えるようにしています。

トイレの中で、歌いながら覚えたり…歯磨きをしながら覚えるのです。目のつくところにあると自然と頭に入ってきますよ(^^)/

まとめ

いかがでしたか? 英単語を覚えるコツは…インプットとアウトプット。目で見て、耳で聞いて、声に出す。そして書いたりして動作で覚えるんですよね! 人は、記憶した情報を20分後に42%、1時間後に56%、1日後には74%忘れるといわれていましたよね。

せっかく覚えてもほとんど忘れてしまうんですよね。なんだかショックですが…忘れて当然ということですから、何を勉強するにも繰り返し復習しておかなければならないんです。

楽しく覚えられることが一番ですね! トイレや洗面所に英単語が貼ってあると、子どもは新鮮なのか声に出して発音していますよ! 試してみてください。
Sponsored Links