風邪をひいて病院へ行くとお薬をもらいますよね! 薬剤師さんからお薬の説明を受けると必ず、コップ一杯のお水又はぬるま湯で飲むよう言われます。「お茶では飲まないように…」と、言われます。

市販の薬にも「お水かぬるま湯で飲んでください」と書かれています。「お腹の中に入ってしまえば、みんな混ざっちゃうんだから~同じでしょ!」なぁ~んて思う方もいますよね。

若い頃、アルコールと風邪薬を一緒に飲んでいる友達がいました。「ちょうどお茶があったから~」と、お茶で飲んでる友達もいましたし、牛乳で飲んでる友達もいました(><)

看護師になり、患者さんの内服時には、お水やぬるま湯で飲んでもらっていたけれど… どうしてお水やぬるま湯がいいんだろう? 患者さんには、なんとなく説明していたけれど、ちゃんと理由がわかった方がいいですよね!

そこで、今回は「薬の正しい飲み方」について調べてみることにしました! 

Sponsored Links

薬の正しい飲み方!



みなさんは、薬を飲む時、ちゃんとお水やぬるま湯で飲んでいますか? 食事中にお茶を飲んでいて、そのままお茶で飲んでいませんか? 私は、看護師だけど「面倒だから、いっか!」と、お茶で飲んでしまうこともあります。

さすがにアルコールはないけれど… よく考えたら、お茶にはカフェインも含まれていますよね。カテキン作用で細菌をやっつけてくれそうなイメージですが、それはうがいの時などで薬を飲む時はダメなんです。

間違った飲み方をしていると、思わぬ副作用が起こったり、効果が発揮されなかったりします。薬は、自分が本来持っている治癒力が落ちた時に細菌をやっつけたり、熱を下げたりするために使用されます。

しかし、正しく使用できなければ症状が改善せず、悪化する可能性もあるのです。

なぜ、水やぬるま湯なの?

水以外の飲み物で飲むと薬の成分と飲み物の成分が作用しあって、薬の効果が得られません。

お茶やコーヒー、紅茶:カフェインが多く含まれるので、作用が強く出ることもある
牛乳:牛乳にはカルシウムが含まれ効果が半減してしまうものもある
ジュースやスポーツ飲料:薬が効き過ぎてしまうこともある
アルコール:作用を増強させてしまうのでダメです。強い眠気や意識障害を引き起こす危険性がある



それでは、詳しく見ていきましょう!

お茶やコーヒー、紅茶

カフェインを多く含む飲み物は、薬との相性がよくない物質の一つなんですよ。風邪薬や咳止めに配合されている、麻黄(まおう)やエフェドリンでは作用が強められ、不眠や不整脈、気分の落ち込みなどの症状がみられることも… 

コーヒーや紅茶などを飲んでしまったら、30分くらいあけてから薬を飲むようにしましょう。

牛乳

カルシウムやたんぱく質を多く含む牛乳は、薬との相互作用を引き起こしやすいので気をつけましょう。抗生物質のなかには、有効成分がカルシウムと結合し、効果が半減してしまうものもあるのです。

他にも… 牛乳はアルカリ性で胃酸を中和する働きがあります。胃の中の酸性度が低下すると、胃酸から薬を守るためのコーティングが壊れ、腸での効果が得られなくなります(便秘薬など)

ジュースやスポーツ飲料

特にグレープフルーツジュースは、薬の代謝酵素の働きを弱める有機化合物(フラノクマリン)を含むため、薬の代謝に時間がかかってしまい効果を増強させることがわかっています。

主に、降圧薬(カルシウム拮抗薬)や血小板薬などは要注意です。

また、スポーツ飲料は、カルシウムなどのミネラルが含まれているため、薬の成分を弱めることもあります。

アルコール

アルコールは、多くの薬の働きに影響を及ぼします。お酒で飲むのはやめましょう! 特に催眠鎮静薬や抗アレルギー薬と一緒に飲むと作用を増強させてしまい、強い眠気や意識障害を起こす恐れもあります。

他にも中枢神経の抑制による呼吸抑制や心停止、それからアルコールの分解を抑制することによる頭痛、嘔吐、低血圧などの症状がみられることもあります。

お水やぬるま湯なら、このようなことは起こらないのです。じゃぁ~水分なしで飲んだらいいのでは? と言いたくなりますよね! 以前、患者さんで「薬なんて、飲み物なしで飲めるわ~!」などと飲んでいた方がいました。

でも、喉の途中で引っ掛かりそう~大丈夫なんでしょうか?
Sponsored Links

水なしで飲むとどうなるの?

錠剤やカプセル、粉薬を飲む時は「お水かぬるま湯で飲む!」ことが基本です。内服薬は、口の中で唾液や水と混ざり食道を通って胃に運ばれます。水なしで飲むとどうなるのでしょう?

食道にくっついてしまったり、粘膜など傷つけてしまうこともあります。特にカプセルは唾液などの少量の水分ではベタベタして、喉や食道に引っ掛かりやすくなるので気をつけましょう!

内服薬は、水に溶けることで吸収が良くなります。また、水に溶けてから効き目を発揮するまでの時間を想定して作られているので、コップ一杯(180~200mlくらい)の水やぬるま湯と一緒に飲むのが良いのです。

※抗生物質や解熱鎮痛剤などは、多めの水で飲むことで胃の保護にもなりますよ!

薬が飲みにくい時は…

粉薬は、むせてしまって飲みにくいという場合は、オブラートに包んだり、服薬補助ゼリーなどもあるので利用しましょう。錠剤が大きくて飲みにくい場合は、薬を砕いたりするのではなく、薬局で粉薬や小さい錠剤に変えてもらうようにしましょう。

薬には効果を引き出すための工夫がされています。錠剤は何層にも分かれていて、一番外側は糖分などでコーティングされています。内側にいくほど溶けにくい成分になっているのです。

このような工夫により、成分は外側からゆっくり溶け出し、薬の効果が長く持続します。薬を砕いてしまうとこうした工夫が台無しになってしまうのです。カプセルも同様です。中身だけ取り出すと悪い影響が出ることもあります。

内服薬は、用法・容量を守って、お水がぬるま湯で飲みましょうね!

食前・食間・食後って?

内服薬をもらうと袋に「食前・食間・食後」書いてありますよね! 薬を飲むタイミングですが、人によってとらえ方が違いますよね。いつ飲むのが望ましいのでしょうか?

◆食前とは
食事を食べる30分くらい前のことを指します。胃の中に何もない状態に飲んだ方が効果的な薬。胃の中に入っている食べ物と薬が混ざってしまうと薬の効果が弱まってしまうのです。(漢方薬や糖尿病薬など)

◆食間とは
食事をしてからおよそ2時間くらい経過してから飲むもの。食事の影響を受けやすい胃腸薬や漢方薬がおおいです。

◆食後とは
食後すぐに飲む訳ではなく、食後30分以内に飲むように言われています。胃に刺激を与えるような強い薬の場合は、胃に食べ物が入っている状態の時飲まなければ、薬で胃が荒れてしまいます。

胃に入った食べ物は、だいたい30分くらいかけて消化されていきます。ですから、この間に飲みましょうということです。「食後30分以内になるべく服用してください」と記載されていることもあります。
Sponsored Links

残った内服ってどうしてる?

病院などで処方された内服薬って、時々残っていることありませんか? 本当は、飲み切らないとダメなんですが… 飲み忘れちゃったり、症状が良くなると勝手に飲むのを止めちゃったりしますよね!

そんな時どうやって捨てていますか? 排水口などに捨てていませんよね! 環境汚染の原因になりますので、きちんと捨ててくださいね。錠剤やカプセルは容器から取り出して、可燃ごみとしてすてましょう。

目薬やドリンク剤などの液剤や軟膏なども容器から取り出して、廃油などと同じように新聞紙やティッシュなどに含ませてから可燃ごみとしてすてましょう。

まとめ

コップ一杯のお水又はぬるま湯で飲むことの大切さ。わかりましたね! 間違った飲み方をしていると、思わぬ副作用が起こったり、効果が発揮されなかったりします。

薬は、自分が本来持っている治癒力が落ちた時に細菌をやっつけたり、熱を下げたりするために使用されます。しかし、正しく使用できなければ症状が改善せず、悪化する可能性もあるのです。

きちんと飲んで、早めに治しましょう! 
Sponsored Links