124537

溶連菌感染症は、溶連菌が喉に感染して起こる病気です。幼児や学童に多くみられ、子どもがかかりやすい病気として知られています。実は、抵抗力や免疫力が低下している大人も感染する可能性があるんですよ!

ワクチンや予防接種ができないので治療法や予防法を知っておきたいですよね!

今回は、溶連菌感染症の原因、治療法や予防法を紹介していきます。

Sponsored Links

溶連菌感染症の原因は…

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌(赤血球を壊してしまう細菌)という菌に感染することで発症する感染症をいいます。

この病原菌に感染すると38~39度の高熱、喉の腫れ・痛み、嘔吐から始まり、その後かゆみを伴う赤い発疹が全身に広がります。舌はブツブツとイチゴのような感じ(イチゴ舌)になります。

特に、喉の腫れ・痛みは特徴的で、真っ赤に腫れてしまいます。皮膚の弱い子はほっぺが赤くなることも多いです。そして、大人が感染してしまうと高熱が続くことがあります。辛いですよね!

大人の場合は、疲れやストレスなどで抵抗力や免疫力が低下しているとかかりやすいので、子どもからうつらないよう予防が大切です。

では、予防のために、溶連菌感染症の感染経路を知っておきましょう。

溶連菌感染症の感染経路

溶連菌は、感染した人の咳やくしゃみなどで飛んだ唾液による飛沫感染と、手についた菌が体内から入る経口感染があります。

保育園や幼稚園、小学校の子どもから子どもへと感染していくことが多いものの、大人でも抵抗力や免疫力が低下していると感染しやすく、重症化することもあります。

ですから、治療法と予防法をきちんと知っておく必要があります。

治療法

溶連菌感染症が疑われる場合は、病院を受診すると喉の赤く腫れている部分を綿棒でこすり、細胞を採取し菌の有無を調べます。病院によっては、血液検査も行う場合もあります。

溶連菌に感染している場合は、解熱剤や喉の痛みを和らげる薬、抗生物質が処方されます。ペニシリン系の抗菌薬(サワシリンなど)を10日~2週間飲ませます。

薬を飲み始めると3日程で熱が下がり、喉の痛みも軽減してきます。重症化しないようにするためには、確実に体内から溶連菌を退治しなければなりません。症状が消えても医師の指示通り薬を飲みましょう。

※治ってからの尿検査
これは、合併症である急性糸球体腎炎(腎機能が低下する病気で、血尿やむくみがみられる)がないかどうか見るために、2~3週間後に尿検査をします。

溶連菌は合併症を引き起こすこともあります。咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、中耳炎、副鼻腔炎、とびひ、肺炎、急性糸球体腎炎、リウマチ熱などその他にも多くの病気を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
Sponsored Links

予防法

子どもが溶連菌に感染してしまったら、兄弟や家族はその子どもと同じ食器・コップなどを使わないようにしましょう。また、タオルも共用しない方が良いですね!

そして、普段より厳重に手洗い・うがいをしましょう。感染している子がマスクができればしてもらい、家族も予防のためにマスクを着用すると良いでしょう!

まとめ

溶連菌感染症は、ウイルス性の風邪と違って細菌性の病気なので、自然に治ることはありません。2日以上喉が腫れて痛み、高熱や発疹が出た時は病院を受診しましょう。

治療薬があり、医師の指示通り内服すれば治ります。合併症を起こさないためにも勝手に内服をやめたりせず、きちんと治しましょう!
Sponsored Links