21f6d0099c58d890a7d6b236cc860b23_s
若い時は、それほど気にならなかったシミですが、年齢とともに増えていきます。「いつの間にこんなところに!?」とシミに悩まされている女性多いのではないでしょうか? 

年齢とともに増えていくこのシミ…そのまま諦めたくないですよね! 私は、妊娠・出産後急に増えてしまいました。美白効果のある化粧品を使っていますが、シミは完全には消せません。

すでにできてしまったシミはどうすればいいのでしょうか? よく皮膚科や美容皮膚科などでレーザーでシミを消すなんてことを耳にします。他にもエステでシミをとるな~んて方もいます。

シミは、目のそばだったりするので、なんだかレーザーをあてるのは怖い気がしますよね! 皮膚科や美容皮膚科などでシミをとる方と、エステでとる方といますがどう違うのでしょうか?

今回は、できてしまったシミはどうしたらいいのか? 皮膚科・美容皮膚科とエステでは、どっちがいいのか調べてみました。

Sponsored Links

シミとは…

「シミ」って、簡単に言いますが本当に知っていますか? なんとなくこの茶色いのがシミかな? くらいで…私には、きちんとした説明はできません。そこで、何をシミというのか調べてみました!

皮膚内で生成される色素「メラニン」が色素沈着を起こしたものがシミです。表皮の一番奥にある基底層でつくられるメラニン色素は、有害な紫外線を吸収して、細胞に傷がつくことから守る働きをしています。

通常、メラニンはターンオーバー(皮膚細胞の生まれ変わりで約28日周期といわれている)の過程で外に排出されるのですが、さまざまな要因によってターンオーバーがスムーズに行われていないと、はがれ落ちるはずのメラニンが皮膚にとどまって色素沈着を起こします。

その結果、シミとなって残ってしまうのです。なんだかちょっとカタカナが多くて、わかりにくいですが…

シミとは、何らかの原因で皮膚の生まれ変わりがうまくいかず、はがれ落ちるはずのメラニンが皮膚にとどまってしまい、色素沈着を起こした状態をいいます。

では、シミの原因は何なんでしょうか?

シミの原因

何らかの原因で皮膚の生まれ変わりがうまくいかなかったことにより、シミができてしまうんですよね! その原因は紫外線といわれています。

紫外線は太陽の出す光線で目には見えません。紫外線をあびると、肌の中でメラニン細胞が活発になりメラニンをたくさん作り(つまり肌を黒くして)、紫外線が肌の奥のほうまで到達しないように守ります。

その後、肌のターンオーバー(表皮の入れ替わり)が起これば、メラニン色素がいっぱい入っている表皮は、はがれ落ち、新しい細胞を持った表皮ができて、もとの白い肌に戻ります。

しかし、加齢や、紫外線の浴びすぎ、ストレスなどが原因で、このターンオーバーがうまくいかないと、肌に茶色いシミが残ります。若いうちは新陳代謝(細胞の入れ替え)が活発なのでターンオーバーも順調です。

加齢とともにすべての代謝が低下しますから、そういうわけにはいきません。ですから、シミを作らないためには予防が必要となります。しかし、予防にも限界はあります。できてしまったシミは薄くはできますが完全に消すことは難しいのです。

それでは、予防法と対処法をみていきましょう!
Sponsored Links

シミの予防法と対処法

シミの予防法

シミを確実に予防するためには、「できる前にケアすること!」これが大切です。ほとんどの人は、紫外線、ストレス、大気汚染などによる肌へのダメージによって、メラニンが蓄積しています。つまり、シミの予備軍が潜んでいる状態にあります。

シミの予備軍をなくすためには、「美白と保湿」が重要になります。乾燥した肌は紫外線などの外的刺激を受けやすくターンオーバーも滞りやすくなります。保湿ケアをしっかりしましょう!

シミの対処法

◆レーザー治療
美容医療分野で行われるレーザーは、シミを形成する細胞を破壊する根本的治療が期待できますが、一方では光熱作用による炎症反応を伴います。この刺激により肝斑(かんぱん)ではシミがかえって濃くなりレーザー治療は不向きなんです。

また、他のタイプのシミにおいても一過性に色素沈着が生じる場合があります。レーザー治療は値段もまちまちですし、ちょっと怖い気がしますね!

◆紫外線によりできてしまったシミって消せる?
日焼けによるシミは、美白作用のある化粧品などでケアを行い、メラニンの色素生成を抑えることで予防することはできますが、美白化粧品はあくまで「日焼けによるシミを防ぐ」ことを目的としています。

できてしまったシミを消すには、クリニックでの外用剤の処方が必要となってきます。クリニックで処方される外用薬にはハイドロキノンやレチノイン酸がありますが、これらを使用することで肌のターンオーバーが高まり、メラニンがスムーズに排出されるので効果はあります。

また、肝斑などの特殊なシミは、治療法が異なるので、皮膚科専門医に相談しましょう。

特に、かぶれやアレルギー疾患、やけどなどが原因で引き起こされるシミ、炎症性色素沈着の場合は真皮にまで及んでいる可能性が高いです。炎症性色素沈着が疑われる場合は、速やかにクリニックに相談されることをおすすめします。

◆シミを消すにはどこで処置するといいの?
皮膚科・美容皮膚科、それともエステ…どこがいいのでしょうか?

やっぱり、皮膚科や美容皮膚科など医師がいるところで行う方が安心ですね! エステは、あくまでもキレイになれる、リラックスできる場所です。もし行くのなら、マッサージ師や鍼灸師のいるところがいいでしょう。

そして、レーザー治療をするのなら、医療設備の整った皮膚科や美容皮膚科をおすすめします。シミだと思っていたらアザだったり、やりすぎて皮膚がかぶれてしまったり、余計ひどくなったり…トラブルもいろいろあります。

もし、皮膚のトラブルがあったとしても皮膚科などでしたら、すぐに治療できますよ! 

まとめ

若い時は、それほど気にならなかったシミ…加齢とともに目立つようになり、悩みますよね! とにかく、シミを作らないように「美白と保湿」を心がけましょう。

ほとんどの人は、紫外線、ストレス、大気汚染などによる肌へのダメージによって、メラニンが蓄積しています。つまり、シミの予備軍が潜んでいる状態にあるのです。

ストレス社会で生活する私たちは、特に気をつけなくてはいけませんね! 規則正しい生活をして、日焼けなどの対策もしましょう。シミを予防できれば、レーザー治療などしなくても済みますものね!
Sponsored Links