106260
毎年、初夏から秋にかけて流行する急性のウイルス感染症で、発熱・咽頭炎・結膜炎が主な症状です。幼稚園や保育園、学校などでプールが始まると急増する夏風邪です。

日本では、プール熱(咽頭結膜熱)と呼び、プールを介して感染することが多いため、このような名前がついています。

患者さんからの飛沫感染が多いですが、手指を介した接触感染、タオルを共有したことによる感染もあります。

ただでさえ暑くてだるいのに…夏に発熱すると、とっても辛いですよね! プール熱について、詳しく調べてみましたので、参考にしてくださいね!

Sponsored Links

プール熱の原因と症状

プール熱は、6月頃から徐々に増加し、7~8月頃にピークとなり、10月頃まで流行ります。ただし、プール熱の原因の「アデノウイルス」は一年中活動しており夏以外にも流行るのです。

プール熱の原因は、「アデノウイルス」というウイルスです。感染症で、プールの水を介して感染することがあることから「プール熱」と呼ばれています。

主な症状は、発熱・咽頭痛・結膜炎の3つです。(全て症状が現れるわけではありません)

・39~40℃の高熱が4~5日続く
・強い咽頭痛や結膜炎
・頭痛・嘔気・腹痛・下痢など

潜伏期間は、約5~7日間。アデノウイルスの感染力はとても強く、兄弟などで感染してしまう可能性が高いです。2週間くらいは排泄物にウイルスが残っているので、手洗い・うがいなどをしっかりして、感染しないよう気をつけましょう!

治療法は…

プール熱に特効薬はありません。病院を受診し、症状の軽減に努めましょう。

・安静にして十分睡眠をとる
・脱水にならないよう、こまめに水分をとる
・高熱が続く時は、解熱剤を使用する
・咽頭痛がある時は、うがい薬やトローチ、解熱剤などを使用する
・目やにがひどい時は、湿ったガーゼでやさしく拭く。目薬を使用する



幼稚園や保育園、小学校に通っている子どもに多くみられますが、大人もプール熱にかかることがあります。「アデノウイルス」は感染力が強いウイルスなのです。

Sponsored Links

予防法

プール熱にかからないように予防するには、どうしたらいいのでしょうか? 調べてみましたので、参考にしてくださいね!

1.家族でタオルを共有しない
2.洗濯も感染者とは別で洗う
3.手洗い・うがいをする
4.プールの前後はシャワーを浴びる
5.プールの後の目の洗浄をする



プールの後、シャーワーが冷たいし、目を洗うのも面倒だけど、ちゃんと意味があるのできちんと洗いましょう。子どもにもちゃんとその必要性を説明すれば、目の洗浄も省かずやるはずです!

予防をしていても、集団生活ですので感染してしまうこともあります。もし、感染してしまったら、いつから幼稚園や保育園、学校に行けるのでしょうか? 風邪と同じで症状が軽減すれば行っていいのでしょうか?

幼稚園や保育園、学校はいつから行けるの?

発熱・咽頭炎・結膜炎の症状がなくなってから2日間くらい経過すれば登校可能ですが、2週間くらいは排泄物にウイルスが残っているので人にうつさないようにしましょう。

わからない場合は、病院で確認してから通いましょう。

飛沫感染が多いので、マスクをつけたり、手洗い・うがいをしっかりしましょうね。

まとめ

幼稚園や保育園、学校などでプールが始まると急増する夏風邪、プール以外でも感染する可能性はあります。みなさんも感染しないよう気をつけて下さいね!

暑いからといって、冷たいものばかり食べず、バランスの良い食事を心がけましょう。そして、夏休みだからと言ってダラダラ過ごさず規則正しい生活をしましょう!

元気に楽しい夏休みを過ごしましょうね!

Sponsored Links