cb5910e869734ab12ffab16042ff3155_s
子育て中の方はもちろん、そうでない方も子どもが成長するにあたり、いろいろお祝いごとがあります。よく知られているのが、「七五三」ですね。

七五三は、一大イベントですよね! なぜ、七五三なのか知っていますか?

子どもが成長し、一人で服も着られるようになってくる頃に七五三のお祝いがやってきます。七五三は、3歳と5歳と7歳の成長の節目に神社へ参拝し、子どもの成長をお祝いするのです。

昔は、親戚を招いて盛大にしたようですが…初めての子育てで、よくわからない方もいると思います。子どもの大切な行事である七五三をしっかりとお祝いするために、基本の知識は身につけておきましょう。

七五三について、お参りの時期や男の子と女の子でお祝いする年齢の違いなど、紹介しますね。

Sponsored Links

七五三って、何をするの?

七五三は、子どもの成長の節目に神社に参拝し、成長をお祝いする行事です。

男の子:3歳と5歳
女の子:3歳と7歳

鬼が自分の家に来るといわれる11月15日に行います。最近は、前後の休日にお参りをする人も増えています。そして、神社にお参りに行った後、写真館などで記念写真を撮ったり、祖父母や親戚などにあいさつ回りをします。

どうして3歳・5歳・7歳になったのか?

その昔の武家社会が由来のようですよ!

3歳の頃になると→男女共にそれまで剃っていた髪を伸ばす「髪置き」
5歳になると→男児が初めて袴を着ける「袴着(はかまぎ)」
7歳になると→女児が帯を初めて着ける「帯解き(おびどき)」

これらの儀式が、明治以降現代のように変わっていったのです。ともあれ、子どもの健やかな成長を祈る儀式ですね! 子供の成長の節目になる3歳・5歳・7歳に、これまでの成長を祝い、今後の健康を願う日本の伝統的な行事なのです。

元々は、関東圏のみで行われる風習でした。昔は、乳幼児の死亡率が高く、3歳までに健康に育つことが大きな喜びだったのです。また、発育の節目でもあるので七五三のお祝いが行われてきたと言われています。

【発育の節目】

・3歳でくらいで言葉を理解する
・5歳くらいで知恵がつく
・7歳くらいで永久歯が生えてくる

江戸幕府5代将軍、徳川綱吉が長男の健康を願って、祈祷を捧げたのが始まりなんです。

七五三はいつするの?

11月15日に祝うことになったのは、この日が二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからです。

また、旧暦の11月は秋の実りを神に感謝する月でしたので、その月の満月にあたる15日に、氏神に収穫の感謝すると共に、子どもの成長の感謝・祈願をしたものと言われています。

また、七五三をすべてたした数が15になるこたからとも言われており、15日にまつわるエピソードは多いです。しかし、現代では11月15日にこだわらず、ご家族やお子様の都合に合わせてお祝をする事が多くなってきています。

日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭も増えています。祖父母と参拝したり、参拝後は親族と食事をしたりと、様々な過ごし方があります。

お祝いしたい気持ちから、遠くの有名な神社まで足を運ぶ家族や、スタジオで記念撮影をする家族も増えています。前撮りやロケーション撮影などのサービスをうまく使い、当日はゆったりプランで過ごすのもおすすめです。

七五三をお祝いする歳は、男の子と女の子で異なります。それは、その年にお祝いをする意味が大きく関係しています。次の章では、それぞれの年齢と内容や意味について紹介しますね!

Sponsored Links

七五三をお祝いする歳

3歳・5歳・7歳なのはわかるけど…数え年だったり、満年齢だったり地域によって異なります。現在は、その家庭の事情により行っているようですよ! (満年齢の方が着物を嫌がらずに着れるから~とか、兄弟で一緒に行ってしまったり…)

昔の七五三では、数え年でお祝いしていることが多かった様ですね。それでは、詳しく見ていきましょう。

・数え年3歳(満2歳になる年)
・数え年5歳(満4歳になる年)
・数え年7歳(満6歳になる年)

数え年3歳(満2歳になる年)

男女ともにお祝いします。江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。

3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。

数え年5歳(満4歳になる年)

男の子のお祝いをします。人生で初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」を行います。袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。

正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。

数え年7歳(満6歳になる年)

女の子のお祝いをします。3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。

今日では満年齢でお祝いをしたり、ほかの兄弟とタイミングを合わせたり(片方が満年齢、片方が数え年など)、お祝いする年齢も厳格に守られているわけではありません。

また、男の子は5歳しか行わない地域も多くあります。家庭ごと、地域ごとで自由なスタイルになっているんですね。

ともあれ、子どもの健やかな成長を祈る儀式です。子供の成長の節目になる3歳・5歳・7歳に、これまでの成長を祝い、今後の健康を願う日本の伝統的な行事なのです。

まとめ

七五三は、子どもの成長を願う親の思いから昔から行われていたんですね! 自分がお祝いしてもらった時のことを思い出します。両親に感謝ですね!

日本の素敵な伝統なので、自分の子ども達にも受け継いでいってもらいたいです。

大人になってからもお祝いはたくさんあります。誰でも一年に一度はやってくるお祝いごと、なぁ~んだ?

正解は、誕生日です。

誕生日は、その人の成長の節目になる大切な日です。誕生日を元気に迎えられたことを感謝し、お祝いする日なんですよ! 大切な人の誕生日、素敵な日になるよう計画しましょう!

Sponsored Links