59cad4759171557e3920782c32a8761a_s
冬の旅行は、どこへ行っても寒くて…でも、外国へはちょっと行けない。という方は、ぜひ行っていただきたい場所「沖縄」同じ日本なのに…冬でも薄手のシャツ1枚で日中は過ごせちゃうんですよ!

1月~3月の時期は、ホエールウォチングや冬のマリンスポーツなど、見どころ満載です。1月後半より春の訪れを迎える沖縄は、日本一早い桜が見れますよ!

冬の沖縄は、過ごしやすく、旅行代金も安め、夏ほど混んでいないのでゆっくり楽しむことができます! 卒業旅行にいかがですか?

今回は、冬の沖縄旅行で是非行っていただきたい、パワースポットを紹介します。

Sponsored Links

冬の沖縄はここがオススメ

・ホエールウォッチング
・美ら海水族館
・史跡めぐり「首里城」
・冬のマリンスポーツ
・ガンガラーの谷
・おきなわワールド・玉泉洞
・プロ野球キャンプ
・冬に見る日本一早い桜

12月~3月頃の沖縄の気温は、17度~20度くらいです。日中は、長袖にちょっと羽織るものがあれば大丈夫! 朝・晩はちょっと冷えるので、セーターやコートがあるといいですね。

でも、寒い地域に比べると温かいです。冬でも日差しの強い日があるので、日焼け止めや帽子は必需品です。

冬の沖縄は、シーズンオフということもあり、空いています。旅行代金も安いので卒業旅行などにピッタリですよ!

冬でもウエットスーツを着れば、海にも入れます。冬の海は水が澄んでいるので、夏よりキレイなんですよ~それでは、私の特にオススメの場所を2つ紹介しますね!

ホエールウォッチング

12月下旬~4月上旬の期間限定で楽しめるホエールウォッチング。シベリア海域に生息しているザトウクジラは、この時期出産と子育ての為に温かい沖縄の海にやってくるのです。

目の前で野生のクジラに出会え、迫力のあるパフォーマンスに感動ですよ! まずは、映像をみつけたので見てみましょう。

ホエールウォッチングをするには、クルーザーなどでクジラの出没ポイントまで行きます。3ルートあります。

那覇発:那覇市内に宿泊の方に人気で、空港から近いです。
北部発:本部町エリア。近距離でクジラを見たい方にオススメ。美ら海水族館近くの港から出航します。
中部発:北谷町エリア。西海岸リゾートエリアに宿泊の方に人気。近くにアメリカンビレッジなど観光スポットがあります。

料金は、大人1人4200円 子ども3200円でした。
(プランによって違うので、確認してください)クジラに会えなかった場合の、全額返金保障付きですよ。

所要時間は、約3時間くらい。対象年齢が0歳からOKのところと、4歳~、6歳~などいろいろなので、予約時に確認しましょう! 予約は、プラン別にネットで予約できます。

ネット予約割引のあるところもあります。

【注意点】

1.海の上は、予想以上に寒いので、防寒対策をしっかりしましょう。
2.船酔いの可能性のある方は、酔い止めを飲んでおきましょう。
3.船酔いしないよう、遠くを見ましょう。下を向いていると酔いやすいです。
4.クジラ出没ポイントに着いたら、みんなで探しましょう。

Sponsored Links

ガンガラーの谷

住所:沖縄県南城市玉城前川202
電話:098-948-4192

ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が、崩れてできた豊かな自然が残る亜熱帯の森です。谷の広さは約14500坪もあります。

この森の中を専門ガイドと、約1時間20分程歩くことができます。その歩行距離は、約1kmです。歩道は整備されていますが、階段が何箇所かあるので車いすやベビーカーでは参加できませんのでご注意ください。

ツアーは出発時間が決まった定員制です。1日4回 10:00,12:00,14:00,16:00

ゆったりと大自然を満喫しましょう! それでは、早速映像をみつけたのでご覧ください。

いかがでしたか? 自然のパワーすごかったですね!

ツアー料金:大人2200円 高・専・大学生1700円 (中学生以下は無料)

予約時間は9:00~18:00(年中無休)ツアー参加には、前日までに電話予約が必要です。

ケイブカフェ

ガンガラーの谷の入り口に、鍾乳洞そのままのオープンカフェです。コーヒーや沖縄ならではのシークワ―サーのジュースなど、他にも焼きおにぎりなど軽食セットもありますよ!

ちょっと変わったところにある、カフェなのでオススメです。なかなか体験できませんよ!

近くには、おきなわワールド・玉泉洞(ぎょくせんどう)がありますので、こちらも寄ってみるといいですよ!

おきなわワールド・玉泉洞

年間100万人が訪れると言われる、東洋で最も美しい鍾乳洞です。白い鍾乳石が有名で、今も1年に約3mm伸び続けています。

鍾乳洞内の鍾乳石の種類は全国でも一番多く37種類もあるのです。全長は890mあり、その中になんと100万本の鍾乳洞が存在しているんですよ!

敷地内には、他にも世界に一つしかない「ハブ博物園」や琉球文化を体験できる「琉球王国城下町」ハブ酒や地ビールの製造を行っている「南部酒造所」などいろいろな施設が集まっています。

毎日ショーがあったりもしますので、ぜひ立ち寄ってみてください。1日では回りきれないほどです!

まとめ

今回は、冬の沖縄オススメの場所として、ホエールウォッチングとガンガラーの谷を紹介しました。

もちろん、首里城や美ら海水族館、冬のマリンスポーツなど見どころ満載ですが、今回は沖縄の自然を紹介しました。自然のパワーすごいですよね。

今年の冬は、沖縄のパワースポットへ行ってみませんか? 素敵な思い出になること間違いなしですよ!

Sponsored Links