c06d704ff6a6bf9e7f5a71c22dd69624_s

足のかかとのカサカサで悩んでいる方多いですよね! 特に、冬は足のかかとがカサカサでストッキングが履くのが困る。素足は見せられないなど…本当に、乾燥してくるこの季節は困りますよね!

私もかかとのカサカサで毎年悩んでいます。どうにかならないのでしょうか…冬になると子どものすべすべモチモチ肌をとってもうらやましく思います。

かかとのカサカサの原因はいくつかあります。乾燥によるもの、歩行や摩擦によるもの、水虫菌によるもの、ストレスや疲労・加齢によるものなどがあります。

こんなに原因が考えられるなんて…知らなかった! 今回は、カサカサかかとのケアの方法をいろいろ試してみたので紹介します。この冬は、カサカサ知らずのかかと美人を目指しましょう!

Sponsored Links

かかとのカサカサ原因

まずは、かかとのカサカサの原因を知っておきましょう! 主な原因は次の4つです。

1.乾燥によるもの
2.歩行や摩擦によるもの
3.水虫菌によるもの
4.ストレスや疲れ、加齢によるもの

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.乾燥

かかとには皮脂腺がありません。なので皮脂を分泌し、皮膚表面を保護、保湿することが難しいく乾燥しやすいのです。また、冬はストーブ、エアコン、ホットカーペットなど乾燥しやすい状況にあります。

空気も乾燥しているうえにストーブやエアコンなど使用するので、そりゃ~カサカサしますよね!

2.歩行や摩擦

足の裏やかかとは、体重がかかる上に摩擦が起きやすいので、身体の中で一番角質が厚くなってしまいます。女性は、パンプスなどの足を圧迫する靴を長時間履くことで、足裏への刺激が強くなり、角質が厚くなってしまうのです。

パンプス、毎日履いていませんか? 足の裏やかかとへかなり負担となっていたんですね。知らなかった~

3.水虫菌

かかとに発症する水虫は、主に「角質増殖型」です。自覚症状もなく乾燥と勘違いして、気づかない人も多いのです。水虫になると、足裏から足のふちまで、ガサガサして厚く硬くなります。

水虫は、指の間や爪などになることが多いので、まさか! と驚きますよね。

4.ストレスや疲れ、加齢

年齢を重ねると、 肌の再生力が衰えて、角質のはがれ落ちる機能が低下します。肌自身の保湿力も低下し、古くなった角質が蓄積され、分厚くなりカサつきが起こります。

加齢によるものは、仕方がないですが…ストレスや疲れは気をつければケアできそうですよね!

それでは、次にどうすれば予防できるのかチェックしていきましょう!

Sponsored Links

ケアの方法

それでは、正しいケアの方法をチェックしていきましょう。

・保湿ケアを十分する
・裸足で歩かない
・角質のケアをする
・血行をよくする
・フットケアクリームと靴下でケア

◆保湿ケアを十分する

乾燥によるかかとのひび割れの場合は、とにかく保湿が大切です。特にお風呂上がりは乾燥が進みますので、お風呂上がりのケアはとても大切です。市販のかかと用のクリームやハンドクリームなどで保湿しましょう!

かかとにクリームを塗り、ラップを巻きパックをすると、より早い効果が得られます。かかとは、非常に乾燥しやすいので、少し良くなってきたからと怠るとまた逆戻りです。

根気よく、保湿を心がけましょう。

◆裸足で歩かない

フローリングなども裸足で歩くと負担になります。夏場のクーラーも乾燥の原因になりますので、暑い時でも靴下を履くようにしましょう。

◆角質のケアをする

保湿効果がなかなか得られない場合は、角質ケアを行いましょう。かかとにたまった角質を落としてあげることにより、保湿成分の浸透が良くなります。

軽石やスクラブ入りの石鹸やクリームでケアします。力を入れすぎず、やさしくケアしましょう!

◆血行をよくする

女性は冷え性の方が多いですね。この冷えがかかとのカサカサに関連している場合もあります。血行が悪くなると皮膚がカサついたり、老廃物が溜まりやすくなります。

足首を回したり、マッサージをするなどして、血行促進を心がけましょう。そして、身体を冷やさないよう気をつけましょう!

◆フットケアクリームと靴下でケア

薬局などに売っている、ナイトケア用のクリームと靴下です。寝る前に、かかとのカサカサ部分にクリームを塗り、その上から靴下を履いて眠ります。寝ている間に保湿クリームが浸透し、朝靴下を脱ぐと、しっとりしています。

眠っている間にひび割れかかとさようならできるのでオススメですよ!

まとめ

かかとのカサカサ原因がこんなにあるなんて知りませんでした。主な原因は4つありましたよね!

1.乾燥によるもの
2.歩行や摩擦によるもの
3.水虫菌によるもの
4.ストレスや疲れ、加齢によるもの

全てが当てはまるわけではないのですが…気をつけましょう。

これから、寒くなる季節ですので、ぜひ先程紹介したケアを試してみてくださいね。かかと美人を目指しましょう。 毎年、私のかかとはカサカサでひび割れて、ひどい時には出血し痛かったです。

ストッキングやタイツはすぐに伝線してしまうので、あまり履かないようにしていました。でも、毎日のケアを続けることでカサカサ、ひび割れかかともだいぶ綺麗になってきましたよ!

では、もう一度ケアの方法をチェックしておきましょう。

・保湿ケアを十分する
・裸足で歩かない
・角質のケアをする
・血行をよくする
・フットケアクリームと靴下でケア

かかとのカサカサにもう悩まないで! みなさんもかかとケア続けてみて下さい。きっとかかと美人になれますよ!

Sponsored Links