af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

赤ちゃんが一度は経験するおむつかぶれ。おむつをあてている部分が、うんちやおしっこなどの刺激により、赤くただれたり、赤いブツブツした発疹ができたりします。

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートで、外からの刺激にとても弱く、特に新生児はうんちの回数も多いので、かぶれやすいですし、下痢の時は特に気をつける必要があります。

私も子供が小さい時は、赤ちゃんのおむつかぶれで悩みました。おむつの種類を変えてみたり、おむつを替えるたびにシャワーで流したり本当に大変でした。

真っ赤にただれたおしりは、見ているのも痛々しい。そんなおむつかぶれになってしまったら、早めに対処してあげたいですよね!

ここでは、おむつかぶれの原因やマル秘対策法をお伝えしていきます。おむつ替えの時にちょっとした工夫をするだけでおむつかぶれを防ぐことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links

おむつかぶれってどんな症状?

おむつのあたる部分が真っ赤になります。はじめは皮膚が赤くなる程度ですが、ブツブツと発疹ができたり、ただれたりして触ると痛がります。ひどくなると真っ赤に腫れあがり、ジュクジュクしてくることもあります。

こうなると、触ると痛いのでうんちやおしっこ、おむつ替えの時に機嫌が悪くなります。私も経験しましたが、足をバタバタさせたり、大泣きしたりと大変でした。でも、こまめにおむつ替えをしないと悪化するので、痛々しいのですが替えてあげましょう!

おむつかぶれの原因は?

そもそもおむつかぶれの原因は何なのでしょうか。対策法を知るまえに、原因を知っておきましょう!

うんちやおしっこの刺激

うんちやおしっこに含まれる酵素やアンモニアの科学的刺激によるものが原因です。うんちやおしっこが長時間おしりにくっついていると、便の中の酵素が皮膚のタンパク質や脂質をとかして肌にダメージを与えてしまうのです。

おしりを拭くなどの物理的刺激

長時間おむつをつけたままだと皮膚がふやけているので、おしりを拭く程度の刺激でも傷つくことがあります。

その他

カビによるもの、おむつの繊維やゴム、合成樹脂、洗剤、パウダーなどが刺激になることもあります。

ちなみに、赤ちゃんに次のような症状がでたら、おむつかぶれと判断してもいいので、普段からよく見ておくことが大切です。

では、おむつかぶれになってしまったら、どうすれば早く良くなるのでしょうか。とっておきのマル秘対策法をお伝えしていきますね。

Sponsored Links

マル秘対策法!

おむつかぶれかなと思ったら、おむつ替えをこまめにするなどスキンケアを普段以上に心がけましょう! おむつかぶれは、おしりを常に清潔に乾かしておくことで予防できるのです。具体的には次の3つを心がけましょう。

・うんちは洗い流す!
・おむつ替えをこまめにする!
・早めに受診する!

うんちは洗い流す!

長時間おむついについたうんちを放置していたり、うんちをゴシゴシこするのはやめましょう。できることならぬるま湯のシャワーで洗い流すのが一番です。これ意外とやっていない人が多いので、こまめにおしりの汚れはよく拭き取り、きれいにしましょうね。

◆うんちの流し方
・シャワーボトルで洗い流す(100円ショップなどで売っています)・
ペットボトルシャワーで洗い流す(空のペットボトルにぬるま湯を入れ、蓋はキリなどで穴をいくつかあける)
・座浴(洗面器にぬるま湯を入れておしりをきれいにする)
・ぬるま湯にひたしたカット綿でやさしく拭く・
少量のオリーブオイルを含ませた脱脂綿を使って拭く(適度な潤いを保ちながら汚れもきれいに落とせる)

おむつ替えをこまめにする!

普段以上にこまめに替えましょう。おむつを外した後は、しばらく乾かしてからおむつをするよう気をつけましょう。

赤ちゃんの肌がふやけてしまう原因であるムレを減らしましょう。おしっこやうんちによりおむつ内の温度や湿度の上昇を抑えるためにも、おしりや性器、しわの中までよく乾かしてから新しいおむつに替えるようにしましょう! 

もったいないと思うかもしれませんが、おむつはこまめに替えることが大切です。

早めに受診する!

治らない時は、小児科や皮膚科を早めに受診しましょう。

アズノール軟膏や亜鉛華軟膏など、炎症を抑える非ステロイドの塗り薬が処方されるので、スキンケアした後に薄く塗ります。さらに症状がひどい場合は、弱めのステロイド軟こうが処方されます。

それでも、治らない場合は再度受診しましょう。なぜなら、おむつかぶれと似た症状で赤くただれて、発疹がブツブツできるカンジダ性皮膚炎があります。これは、真菌(カビ)の一種であるカンジダ菌が感染して起こした皮膚炎で、股やおしりなど温度が高い部分にできやすいのです。

おむつかぶれはおむつがあたっている部分がひどくなりやすいのに対して、カンジダ皮膚炎は皮膚のくびれやしわの中まで湿疹ができます。

わからない場合は、勝手な判断はせず、小児科や皮膚科を受診しましょう。きっときれいになりますよ!

まとめ

初めての赤ちゃんだとわからないことだらけですよね! うんちやおしっこをきれいに拭いているつもりでも、赤ちゃんの皮膚は大人に比べ、とってもデリケートですぐに赤くただれてしまいます。初めてだとどうしていいのかわからず、困っちゃいますよね!

まずは、この対策を試してみてくださいね!

・うんちは洗い流す!
・おむつ替えをこまめにする!
・早めに受診する

私は、おむつ替えのたびに自作のペットボトルシャワーで新しいおむつの上できれいに洗い流し、少し乾かすようにしていました。常におむつの中はうんちやおしっこ、汗でジメジメ湿った状態なので清潔にし、乾燥させてあげることが一番良いのです。

そして、どうしても治らない場合は、小児科や皮膚科を受診しましょう。早く治してあげたいですものね。
おむつかぶれが早く治りますように!