みなさんは、「四十肩」「五十肩」になったことありますか? 年齢とともに、あちこち痛みも出てきますよね~急に肩が上がらなくなった! 思うように腕を動かせないなどの痛い経験はありませんか?

40代以降の方に起こりやすいことから、四十肩などと呼ばれています。正式には「肩関節周囲炎」といい、肩関節の周囲に起こる炎症のことをいいます。

四十肩・五十肩になると、肩関節の可動域(動かせる範囲)がかなり制限されます。腕を上げる・横に開く・後ろに回すなどの様々な動作が痛みのためスムーズに行えなくなります。

そなまま、何もせず放っておいても半年から1年くらいで治りますが…そんな長い期間痛い思いをするのは嫌ですよね! そこで今回は、痛みをやわらげる方法や治し方を紹介します。

Sponsored Links

「四十肩」・「五十肩」ってなぁに?

そもそも、四十肩・五十肩ってなんなんでしょうか? 私もよくわからなかったので、調べてみました。

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といいます。字の通り、肩関節の周囲に起こる炎症のことです。私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっています。ですから、構造は複雑なんです。

肩関節は肩甲骨と上腕骨がくっついていて、その周りには多くの筋肉や腱(筋が骨に付着する部分)、そして関節をスムーズに動かすための滑液包(関節や腱の周囲にあり、滑液や粘液を溜めておく)などがあり、炎症が起こりやすいのです。

中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

四十肩・五十肩の症状
・腕を上げると肩に痛みがみられる
・横から手を上げると痛む
・腕を後ろに回すと痛みが出る
・後頭部に手が回らない
・手を上げた時しびれる
・服を着替えたり、髪を結ったり痛くてできない

どんな方がなりやすいのでしょうか?


四十肩・五十肩は、40代以降の方になりやすいです。男女の差や運動習慣などによる発症頻度の違いはありません。利き腕などに起こるということもありません。

原因は、不明ということです。

では、どうすれば痛みはやわらぐのでしょうか…痛みがある時は安静にして、肩関節を温めると効果的です。

四十肩・五十肩の対処法
1.安静にする
2.温湿布をする(熱いタオルで肩関節を包む)
3.市販の湿布薬を貼る
4.お風呂にゆっくり入る
5.シャワーで刺激を与える
(40~42度のお湯を2~3分、17~20度の水を2~3分交互に10~20分)
6.マフラーやタートルネックの服を着て首や肩を冷やさない
7.痛みの強い時は鎮痛剤を使う

※どうしても痛みのとれない時は、整形外科を受診しましょう。

Sponsored Links

四十肩・五十肩の予防法

四十肩・五十肩を予防するにはどうすれば良いのでしょうか…肩関節は年齢とともに可動域が狭くなるので、普段から適度な運動をするようにしましょう。ストレッチなどおすすめです。

肩関節を無理しない範囲で動かすようにしましょうね!

四十肩・五十肩は突然なるわけではないので、肩に違和感やしびれ感がある場合は、前兆かもしれないので注意が必要です。痛みがある場合は無理をせず、肩関節を温めるなどすると症状の進行を抑えることができますよ!

四十肩・五十肩で痛いからといって動かさないでいると、肩関節がほとんど動かなくなることがあります。症状の悪化を防いで回復を早めるために少しずつ肩関節の可動域を広げる体操をしましょう。

しかし、痛みの強い時は無理に行わないようにしましょう。ギリギリの範囲で毎日少しずつ続けることが大切ですよ! 

放っておいても半年から1年で自然に治りますが、痛みを我慢したり、いつ治るのか不安になるので早く治すためにも整形外科を受診し、医師の指示に従うことをおすすめします。

まとめ

四十肩・五十肩についてわかりましたか? 四十肩・五十肩を予防するためには、普段から適度な運動をするようにしましょうね。ストレッチなどおすすめですよ。

四十肩・五十肩の症状、いくつかありましたよね! もう一度おさらいしておきましょう。

四十肩・五十肩の症状
・腕を上げると肩に痛みがみられる
・横から手を上げると痛む
・腕を後ろに回すと痛みが出る
・後頭部に手が回らない
・手を上げた時しびれる
・服を着替えたり、髪を結ったり痛くてできない

これらの症状がみられる時は、無理をせず整形外科を受診しましょうね。受診するほどではないが、痛みを和らげたい場合は次の対処法を参考にしてくださいね!

四十肩・五十肩の対処法
1.安静にする
2.温湿布をする(熱いタオルで肩関節を包む)
3.市販の湿布薬を貼る
4.お風呂にゆっくり入る
5.シャワーで刺激を与える
(40~42度のお湯を2~3分、17~20度の水を2~3分交互に10~20分)
6.マフラーやタートルネックの服を着て首や肩を冷やさない
7.痛みの強い時は鎮痛剤を使う

四十肩・五十肩は、突然起こるわけではなく肩関節の痛みやしびれ感、違和感など前兆がみられます。これらの症状を見逃さず、早めに対応できるようにしましょう。

肩関節は、年齢とともに可動域が狭くなるので、普段から適度な運動をして予防しましょう! 健康が一番ですね~

Sponsored Links