588792
腸閉塞(イレウス)って知っていますか? 腸の一部が狭くなり、体内に入れたものがスムーズに排出できず、腸に老廃物や毒素が溜まってしまう病気です。子どもの発症率が意外と高く、発見が遅れると命に関わる可能性があります。

腸閉塞は、腸が膨らみお腹が張ってきます。それによって、腹痛・吐き気や嘔吐・下血(血の混じった便、黒っぽい便)を伴う場合もあります。放置すればするほど悪化してしまうので、「おかしいな?」と思ったらすぐに病院を受診しましょう!

できるだけ早く症状に気づいてあげられるよう「原因」「症状」を把握しておきましょう!それでは、見ていきましょう。

Sponsored Links

腸閉塞(イレウス)とは…

腸閉塞は、イレウスとも呼ばれています。これは、腸の一部が狭くなり食べ物やガスが通過できず、詰まった状態になってしまったことを言います。

腸に老廃物や毒素が溜まったままでいると、激しい腹痛や嘔吐などを引き起こし、重症化すると死亡することもあるので注意が必要です。

腸閉塞の種類

腸閉塞は、「機械的腸閉塞」「機能的腸閉塞」の大きく分けて2つあり、さらに症状により細かく分類されています。

機械的腸閉塞
機械的腸閉塞とは、腸の一部が狭い・繋がっていない・ねじれているなどの原因によって腸の内容物が詰まっている状態のことです。機械的腸閉塞には、「単純性腸閉塞」と「絞扼性腸閉塞」があります。



単純性腸閉塞は腸の詰まりだけになりますが、絞扼性腸閉塞になると血行障害を伴います。絞扼性腸閉塞は腸閉塞の中でも最も危険とされており、そのままにしておくと腸が壊死し、死に至るとされています。

機能的腸閉塞
機能的腸閉塞とは、腸の形や位置は正常ですが、麻痺や痙攣によって腸がうまく機能しなくなり、内容物が流れなくなってしまう状態のことです。

機能的腸閉塞には、手術後の筋力の低下や薬の副作用などによって腸の動きが鈍くなってしまう「麻痺性腸閉塞」と、ヒステリーや神経衰弱、または鉛などの中毒によって腸が持続した痙攣を起こしてしまう「痙攣性腸閉塞」があります。

Sponsored Links

腸閉塞の主な原因

主な原因は、「先天性によるもの」「疾患によるもの」の2つがあります。

1.先天性によるもの

生まれてからすぐに腸閉塞になる先天性のものには「先天性小腸閉鎖」「先天性十二指腸閉鎖」などの病気があります。これらは、先天的に小腸や十二指腸が閉鎖したり、狭い場合があったり、または生まれつき細胞以上から腸の働きに異常があることもあります。

2.疾患によるもの

病気をきっかけに腸閉塞になることもあります。壊死性腸炎や腸重積などが原因です。他にも開腹手術をきっかけに、腸に癒着が起こり腸閉塞になることもあります。

また、落下腸やねじれ腸などが原因で腸閉塞になることもあります。これらは、腸の配置に異常が発生している状態になるのです。軽度であれば、適度な運動やマッサージなどで改善も可能です。

子どもの場合は、壊死性腸炎やヘルニア、小児の腸重積、泌尿器疾患などが原因のことが多いです。それぞれ発症しやすい年齢も違います。

壊死性腸炎:ミルクを飲み始めた頃に多い
腸重積:2歳までがピーク
腸閉塞:小学生未満が多い

しかし、小学生以降の子どもでもこれらの疾患が原因になることが多いので注意が必要です。中学生・高校生も油断は禁物です! 原因によっては治療法が異なるため、必ず病院で検査を受けましょう。

Sponsored Links

腸閉塞の症状

子どもの腸閉塞で一番多い症状は嘔吐です。特に絞扼性腸閉塞は、激しい腹痛や冷や汗を伴い、時間とともに顔面蒼白になったり、脈拍の低下や呼吸困難などのショック症状があらわれ、大変危険です。とにかく「おかしいな?」と思ったら病院を受診しましょう!

主な症状
・便秘
・お腹の張りや腫れ、重苦しさを感じる
・強く激しい痛み
・嘔吐を繰り返す
・脱水症状
・発熱
・顔色が悪くなる
・下血

嘔吐を繰り返す子供が多いため、脱水症状に陥る危険性もある。そのため、こまめに水分を摂ることが大切です。嘔吐はほかの病気と勘違いしやすい初期症状ですが、腸閉塞の場合は特徴があります。

初期の嘔吐物は、白または透明で酸っぱい液、もしくは黄色く苦い胆汁が多いです。腸閉塞は時間がたてばたつほど悪化してしまうので、初期症状を見逃さないようにしましょう!

まとめ

腸閉塞、怖いですね~初期の症状は、嘔吐です。嘔吐物は臭いがきつく繰り返すことが多いです。お腹の激しい痛みや張り感など似たような症状がみられた場合は、すぐに病院を受診しましょう!

早めに治療できれば、重症化せず治癒も可能です。「おかしいな?」と思った時は、自己判断せず病院を受診しましょう! できるだけ早く症状に気づいてあげられるよう「原因」「症状」を把握しておきましょうね。

主な原因はこの2つでしたね!「先天性によるもの」「疾患によるもの」注意していれば防げるわけではないので、腸閉塞の症状に早めに気が付いてあげることが大切ですね~

では、症状をもう一度おさらいしておきましょう!

・便秘
・お腹の張りや腫れ、重苦しさを感じる
・強く激しい痛み
・嘔吐を繰り返す
・脱水症状
・発熱
・顔色が悪くなる
・下血

これらの症状を見逃さないよう、普段から「便は出ているかな?」「食事は食べれているかな?」など変化に気が付けるようしましょう。

Sponsored Links