千葉県の水郷佐原水生植物園では、毎年6月になると様々な色や形の花菖蒲が咲き乱れます。今年は、「水郷佐原あやめパーク」に名称を変更し、新たに与田浦と一体になり、雄大な公園となってオープンします。

園内には、あやめの他、フジやハス、新たにリコリス(ハーブ)などを植栽し、子ども達が楽しめる遊園施設もあります。また、今年はあやめ祭りの期間中だけ運行していた園内遊覧船を10月まで期間を伸ばし運行します。

今回は、水郷佐原水生植物園のあやめ祭りを楽しむための見どころや開催期間など紹介します! みなさん、佐原へ行ってみませんか?

Sponsored Links

水郷佐原水生植物園の見どころ


水郷佐原水生植物園は、千葉県香取市の市営植物園で1969年(昭和44年)に開園しました。成田市や茨城県潮来市と隣接し、昔は水運を利用した交通手段から農作物などで、町は栄えていました。

土地改良事業をはじめとする開発事業が行われる昭和30年前後までは、この地方は水路を中心とした生活形態でした。嫁入りする際の花嫁や嫁入り道具等を運搬するにも「サッパ舟」が使われており、これが「嫁入り舟」の始まりだと言われています。

この「嫁入り舟」が有名になったのは、昭和31年の松竹映画「花嫁募集中」と協力し、ミス花嫁を募集したことがきっかけとなり、花村菊江さんの「潮来花嫁さん」の大ヒットにより全国的に知られるようになったのです。

生活形態や交通手段が水運から陸運へ変化してしまった現在は、河川や水路も姿を消し、サッパ舟を使った嫁入り舟を見ることも出来なくなってしまいました。残念ですよね~

でも、水郷佐原あやめ祭りの時期には、園内をサッパ舟で遊覧できたり、水生植物園の隣の与田浦から、女船頭さんが操るサッパ舟で揺られながらの十二橋めぐりを楽しめます。水郷ならではの風情を味わうことができますよ!

あやめ祭り期間中は、嫁入り舟が再現され、実際に結婚式を一般募集し、嫁入り舟で挙式を挙げることも出来ます。花嫁さんが、花菖蒲の咲き乱れる中をサッパ舟に乗ってゆったり移動していく姿は、とってもキレイですよ~運が良ければ見ることができますよ♪

約6haの園内には、江戸・肥後・伊勢系など東洋一を誇る400品種150万本の花菖蒲が咲き乱れます。期間中は様々な催し物がありますのでぜひ足を運んでくださいね! では、詳しい開催期間などを紹介します。

水郷佐原あやめ祭り開催期間

水郷佐原水生植物園は、平成29年4月29日(土)より水郷佐原あやめパークとしてリニューアルオープンしますよ~あやめ祭りの開催は6月3日~になります。

開催場所:水郷佐原あやめパーク(水郷佐原水生植物園)
開催期間:6月3日(土)~6月28日(日)
開園時間:8:00~18:30(入園は17:30頃まで)
入園料:大人800円 小中学生400円 65歳以上700円(あやめ祭り期間中)



※大人、小中学生は20人以上で団体割引可能

定休日:月曜日,年末年始 (5月~8月は無休)


Sponsored Links

交通アクセス

住所:千葉県香取市扇島1837-2
電話:0478-56-0411

公共交通機関の場合

JR佐原駅から
・コミュニティーバス
【北佐原・新島ルート】(月・火・木・金に運行)「水生植物園」下車にて徒歩7分。

・関鉄観光バス
与田浦線潮来方面行「水生植物園入口」下車にて徒歩5分。

※あやめ祭り期間中はJR成田線佐原駅から植物園まで便利なシャトルバスが運行していますよ!(中学生以上500円、小学生250円)

高速バスの場合

東京駅から関鉄グリーンバス「鉾田駅」行き「与田浦水生植物園」下車にて徒歩5分。

車の場合

東関東自動車道 佐原香取ICから約14km(約20分)、 大栄ICから約16km(約25分)

駐車場:乗用車700台、大型バス40台 無料(駐車場無料ってところが良いですよね!)

まとめ

千葉県の水郷佐原水生植物園は、毎年6月になると様々な色や形の花菖蒲が咲き乱れ、とってもキレイですよ! 今年は、「水郷佐原あやめパーク」に名称を変更し、新たに与田浦と一体になり、雄大な公園となってオープンします。

あやめ祭りは、昔から人気で多くの方が訪れます。まだ、行ったことがないというあなた! 足を運んでみませんか? 都心からも近いですし、帰りに佐原の風情あふれる町中を観光して帰るのもいいですよ!

小野川沿いには、昔にタイムスリップしたような江戸情緒あふれる町並みが楽しめます♪ こちらもおすすめです(^^)/

Sponsored Links