生まれたばかりの赤ちゃんが発症する病気に「先天性股関節脱臼」があります。先天性…と名前がついていますが、実は後天的に起こるものがほとんどなんですよ~生後3、4か月の乳児健診で診断されることが多いんです。

先日、病院へ行ったら赤ちゃんが足にコルセットのような装具を装着している姿を見かけました。目立つし、重症に見えますよね!

股関節脱臼は、診断が遅れると治療が長引くこともあり、早期発見が大切です。今回は、何が原因で起こるのか? そして、治療法や予防法について調べてみました。股関節脱臼と診断され不安な思いをしている方の役に立てれば良いです。

先天性股関節脱臼について


出産し、ちょっと慣れた頃に健診に行きますよね! そこで、突然「先天性股関節脱臼です」と診断を受け、なんだかわからずショックを受ける方もいるのではないでしょうか? では、先天性股関節脱臼について説明します。

先天性股関節脱臼とは…

赤ちゃんの股関節が外れてしまう病気です。病名に「先天性」とついていますが、後天性の場合が多く9割を占めています。女の子の方が骨盤が大きいことから発症率が高いとされています。

先天性股関節脱臼は、治療で治る病気なので、もし健診で診断されてもあまり心配し過ぎないようにしましょう。

脱臼と言っても、赤ちゃんには痛みはほとんどなく、泣くこともないので症状に気づきにくい為、診断が遅れがちです。1歳以降に先天性股関節脱臼を診断された子どもの多くは、乳児健診で病気の発見に至らなかったのです。

乳児健診で異常がなくても、普段から赤ちゃんの股関節の異常に気が付けたら、早期発見・早期治療につながります。先天性股関節脱臼の特徴を知っておくのもいいでしょう。

先天性股関節脱臼の特徴
1.両足をそろえた時、左右の太もものしわが明らかに違う
2.足の長さが違う
3.両足を曲げて、ひざを外側に開いた時、片足もしくは両足の開きが悪い
4.オムツをつけた時ピッタリおさまらない
5.足を曲げた状態で股を広げるとポキポキと音がする

先天性股関節脱臼の原因

先天性股関節脱臼の原因は、主に赤ちゃんの自然な姿勢を妨げてしまっていることにあります。赤ちゃんの体に負担がかかることが、先天性股関節脱臼の原因となるのです。

赤ちゃんの自然な姿勢とは、腕は少し曲げて万歳をしているW型、足は膝を曲げたようなM型の姿勢です。(カエルみたいな感じですね!)赤ちゃんの体に負担がかかることが、先天性股関節脱臼の原因となるのです。

窮屈なオムツ・厚着・抱き方(横抱き)なども原因となることもあります。これらは、赤ちゃんの足を無理に伸ばした状態で固定してしまうことで発症すると考えられています。

先天性股関節脱臼の治療法

先天性股関節脱臼の治療として、「リーメンビュゲール」という装具を使うことが多いです。これは、肩から足までベルトなどで固定する装具です。軽度の場合は、装着せずにオムツの仕方や抱っこの仕方に気をつけて治すこともあります。

完全脱臼の場合は、リーメンビュゲールを3ヶ月ほど装着し、外来通院で治療することが多いです。早期発見・早期治療で完治も早いので先天性股関節脱臼が疑われる場合は早めに小児科や整形外科を受診しましょう。

3.4ヶ月の乳児健診で発見できず、1歳児健診で見つかることもあります。1歳を過ぎると足を引っ張って治療する「けん引」が必要となります。この場合、入院治療となります。けん引でも治らない場合は手術が必要となります。

1歳を過ぎると股関節に痛みがみられ、歩行が困難になることもあるので、早めの治療が必要です。早期発見・早期治療が重要とされる先天性股関節脱臼。予防するにはどうしたら良いのでしょうか…日常生活の中で予防することができればいいですよね!

先天性股関節脱臼の予防法

1.抱っこの仕方
2.オムツ交換
3.向き癖

1.抱っこの仕方

赤ちゃんを抱っこする時は、首が座っている場合は、縦抱きをして足がM型になるようにしましょう。「コアラ抱っこ」ですね! コアラが木につかまるような姿勢の抱き方にしましょう。

2.オムツ交換

オムツ交換の時は、優しく両足を持ち上げるように替えましょう。力任せに足を強く引っ張ったり、雑なオムツ交換はやめましょう。また、オムツ交換だけでなく遊びの中でも足を引っ張ったりしないよう気をつけましょう。

3.向き癖

赤ちゃんがいつも同じ方向を向いていると向き癖がつき、反対側の股関節の開きが悪くなることもあります。時々向きを変えてあげるようにしましょう。枕もとのおもちゃの位置を変えてみたり、添い寝する方向を変えたり工夫しましょう。

まとめ

先天性股関節脱臼は、最近少し増加傾向にあります。赤ちゃんの様子を観察し、「あれ? いつもと違うな~」など気になる時は、小児科を受診しましょうね! オムツ交換や入浴後など日頃から気にかけてみましょう。

では、もう一度先天性股関節脱臼の特徴をおさらいしておきましょう。

1.両足をそろえた時、左右の太もものしわが明らかに違う
2.足の長さが違う
3.両足を曲げて、ひざを外側に開いた時、片足もしくは両足の開きが悪い
4.オムツをつけた時ピッタリおさまらない
5.足を曲げた状態で股を広げるとポキポキと音がする

この5つの特徴がある時は、要注意でしたね! 予防には、抱っこはコアラ抱きで、足はM型。オムツ交換は優しく。向き癖がつかないようたまには反対向き。日常生活のちょっとしたことで予防できるならやっておくといいですよね。気をつけましょう!