みなさんは、算数好きですか? 私は小学生の頃、どうも好きになれず…授業が嫌でした。「算数ができる子は、もともと頭がいいんだ!」なぁ~んて思っていませんでしたか?

そう思っている親も少なくありません。特に、算数や数学が苦手だった親に多いように感じます。

算数は才能ではありません。どんな子どもでも必ず、算数はわかります。しかし、親が間違った教え方をしていると、子どもは算数がキライになったり、苦手になったりするのです。

では、どうしたら子どもが算数を好きになるのでしょうか…

今回は、算数を好きになる勉強法とやってはいけない教え方を紹介します。算数が好きになれば、自信がつき他の教科も好きになること間違いなし! 勉強が楽しくなればいいですね♪

Sponsored Links

やってはいけない教え方

1.叱っていませんか?

「なぜ、いつも同じミスをするの!」なぁ~んて叱っていませんか? 毎回同じミスをしていると、イライラしますよね! 私もよく子どもに叱っていました。

毎回同じところでミスをするのは、その子の特徴です。かけ算を間違えて覚えていたり、たし算とひき算を間違えていたり…原因を突き止め、何度も繰り返すことで苦手なことも次第に減っていきます。

気長に直していきましょう。

2.次から次へと難しい問題をさせていませんか?

小学生のうちから、中学で習うような難しい問題まで、先取り学習させようと熱心にやらせていませんか? 子どもの発達段階に合わない先取り学習では、子どもは理解ができずかえって苦手にさせてしまいます。

始めは、簡単な計算で十分なんです。私は、簡単な計算ドリルをやらせたり、百ます計算をやらせていましたよ! 

算数では、問題を解くために「工夫」が必要です。試行錯誤の末、答えがわかると感動ですよね! 算数は、「ああでもない。こうでもない…」などと試行錯誤しながら、問題を解いていくことが大切です。

書いては消し、書いては消し何度も繰り返し答えにたどり着くことで、スッキリしますよね! 諦めず、どんどんやってみましょう。算数とは違いますが、工作もいいんですよ! 自分で何を作るかイメージし、完成させるために試してやり直すことをしますよね!

3.図形などきれいに書かせていませんか?

「もっと定規を使ってきれいに書きなさい」「線は線引きで書く」よく子どもにこんなこと言っています。でも、図形も線も本人がわかればそれでいいのです。図形は定規を使わせて書かせると、そっちに気を取られ肝心の図形の問題が頭に入ってこないんです。

ですから、頭でイメージできるようにフリーハンドで書いた方がいいんです。多少曲がっていてもゆがんでいても大丈夫。確かに見た目はキレイではありませんが、本人がわかればいいのです。

書いているうちに、うまく書けるようにもなりますよ!

では、算数・数学を好きにさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

Sponsored Links

算数が好きになる勉強法

算数が苦手な子は、計算力・空間認識力・論理的思考力・国語力などが弱点になっていることが多いです。他にも親が算数が苦手だった場合、子どもに算数はキライ、計算は面倒…などと常に言葉で伝えていれば、子どもにも算数キライがうつっていきます。

ですから、子どもの前での言動にも注意が必要です。子どもの気持ちは親の気持ち一つで変わるので、「楽しい♪ 面白い…」と子どもが思えるような声掛けをしていきましょう。

この4つの弱点を克服しよう
・計算力
・空間認識力
・論理的思考力
・国語力

計算力

「計算力」とは→複雑な計算でも正確に計算できる力です。

算数が苦手な子は、まず計算力をチェックしましょう。計算力のない子は、暗算も苦手、少数や分数の混じった計算問題も苦手です。計算問題を見ただけで、やる気をなくし始めから苦手意識がありできなくなってしまいます。

計算が苦手な子の場合は、とにかく簡単な計算からやること! たし算やひき算など簡単な計算ドリルや百ます計算などおすすめです。慣れてくると、計算も速くなり自信につながります。

空間認識力

「空間認識力」とは→立体や平面図をイメージする力のこと。

計算は得意なのに、図形が苦手~という子いますよね。ノートに図形が書けるかどうかでわかります。お絵かきや折り紙、積み木やブロックなどの体験でこの力は育まれます。

苦手な子は、積み木や折り紙で遊ぶことで図形の感覚が身につくこともありますよ!

論理的思考力

「論理的思考力」とは→問題文に書いてある条件を見つけて、それらを組み合わせて答えを導く力

算数の文章題が苦手な子はこの力が不十分ってことが多い。問題文から条件を見つけ出し、順を追って式を立てる力が不足しているのです。どうやって解いていけばいいのか、子どもが先生になり、親や友達に解き方を説明し教えるようにすると克服できますよ!

国語力

「国語力」とは→問題文で何を聞かれているのか? 言葉の意味を読み取る力

問題の意味が分からなかったり、ほとんどの子がわかる算数の説明もなかなか納得できないタイプの子は、親がかみくだいて丁寧に説明してあげることが必要です。そうすることで、どんどんわかるようになり克服できるのです。

まとめ

算数は、理解を積み重ねていく教科です。小学校の算数からず~とつながっています。ですから、わからないままにしておくと、後々苦労します。そうならないためにも、子どもの弱点がわかったら、ためらわず学年を戻って勉強しましょう。

小学校高学年で弱点に気がついたら、中学年、低学年とつまずきポイントまで戻ってやり直しましょう。弱点の部分を丁寧に理解するまでやりましょう。そうすることで自信がつき、自然と成績も上がりますよ!

テストなどで、計算ミスを一つするだけで、偏差値は2~3下がります。初歩的な計算ミスをしないためにも、計算力をつけて算数に自信が持てるようにしましょう。

計算ミスが減ると、「あれ、計算好き! 算数好き!」と算数が得意になりますよ! 親のおまじないも大切ですね! 毎日、「あなたは、計算が速いね。」「うちの子は算数が得意」と言い続ければ、本人も算数が好きになりますよ。きっと…

Sponsored Links