暑くなってくると「光化学スモッグ注意報」という言葉をよく聞きます。市町村などの放送でも耳にすることありますよね! みなさんは、光化学スモッグって、なんだかわかりますか?

先日、子どもに聞かれたんですが…「体に悪い。外での運動は避けた方がいい。」くらいしか答えられませんでした。なぜ発生するのか? そしてどんな症状が出るのか? 詳しく知らなかったんです。

そこで、これから暑くなるので、光化学スモッグが発生する原因や体におよぼす影響、さらには予防策など詳しく調べましたので紹介します。子育て中の方、これから子育てを始める方も是非知っておきましょう!

Sponsored Links

光化学スモッグとは?

光化学スモッグとは…太陽の紫外線を受けて、空気中に漂っていた物質が化学反応を起こし、「光化学オキシダント」と呼ばれる有害物質が発生し、大気が白くモヤがかかったようになります。この現象のことを「光化学スモッグ」と呼んでいます。

自動車の排気ガスや工場の排煙には、窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物(VOC)など大気汚染物質が含まれます。ここに太陽の紫外線が当たると「光化学反応」が起き、大気中に「光化学オキシダント」が発生するのです。これが光化学スモッグの原因物質となるのです。

光化学スモッグが発生しやすい状況
・気温が高い(最高気温25度以上)
・日差しが強い
・風が弱い(ほとんど風がない)

※4月~10月にかけて発生しやすく、特に7~8月にかけて(梅雨の時期、初夏、夏)注意が必要です。

光化学スモッグが発生すると、目がチカチカしたり、息苦しくなることがあります。特に子どもや高齢者、気管支などに疾患がある方は屋外での活動を控えましょう。

では、光化学スモッグ注意報が発令されたらどうすればいいのでしょうか?

Sponsored Links

光化学スモッグが発生したら…

1.屋外での激しい運動は避けましょう
2.体調の悪い人は室内で休みましょう
3.風向きを考え、窓を閉めましょう

光化学スモッグの症状や人体への影響

光化学オキシダントの濃度が高くなると、人体に悪影響を与えかねません。特に赤ちゃんや小さい子どもは影響を受けやすく、目や喉などの痛み、咳といった症状が出ることもあります。

では、詳しく見ていきましょう。

粘膜に与える影響

光化学スモッグは、有毒なガスです。ですから、目や喉の粘膜に真っ先に影響を与えます。光化学スモッグに当たると、目がチカチカしたり、喉がイガイガしたり、息苦しくなったりする方も多いです。

光化学スモッグがひどくなると目が痛くて開けていられないということもあるんですよ!

呼吸器官に与える影響

光化学スモッグを吸いこむと、せきが止まらなくなったり気分が悪くなったりすることも多いです。特に、高齢者や子どもなど抵抗力が弱い方に症状が強く出やすいです。

また、喘息の持病があるなど呼吸器官が弱い方は、吐いたり呼吸困難になったりすることもあります。

このように、光化学スモッグは目に見えませんが身体への影響が出るので、注意報が発令されたら①激しい運動は避ける②室内で休む③風向きで窓を閉めるこの3つに気をつけましょうね!

光化学スモッグの対処法

光化学スモッグは防げないのでしょうか? 花粉やPM2.5などはマスクや衣服などに付着するのを防ぐスプレーなどありますよね! でも光化学スモッグ対策のグッズってあまりみませんね。

光化学スモッグの粒子は花粉などよりも細かいので、マスク等で防ぐことは難しいのです。また、眼にも影響が出るため、ぴったりと肌に密着できるゴーグルも必要です。

この暑い季節、もし光化学スモッグ注意報が発令されたら、外出を控えて室内で過ごすのが一番の防御方法です。

現在の日本では、目が痛くて開けられていられなくなったり、咳が止まらなくなったりするほどの強い光化学スモッグが出ることはほとんどありません。

しかし、小さい子どもや高齢者、呼吸器官が弱い方は注意報が出たら外出を控えましょう。また、症状が出た場合は早めに眼科や耳鼻咽喉科等を受診するようにしましょう。

Sponsored Links

光化学スモッグを出さないための対策

光化学スモッグの原因は、自動車の排気ガスや工場の排煙に含まれる窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物(VOC)等の大気汚染物質です。

ここに太陽の紫外線が当たると「光化学反応」が起き、大気中に「光化学オキシダント」が発生し、これが光化学スモッグの原因物質となるんでしたよね!

ですから、その対策として自分達も気をつけていきたいですね! 一人一人が気をつけると減らすことができますからね~

1.原因となる物質を排出しない
2.不用意にゴミを燃やさない

1.原因となる物質を排出しない

原因となる汚染物質は、工場や自動車の排気ガスから多く発生することがわかりましたよね! ですから、工場などが排気装置にフィルターをつけたりすれば、空気中に放出される窒素酸化物の量は減るのではないでしょうか…

また、自動車の排気ガスも自動車メーカーの努力によって排ガスの中の有害物質はだいぶ減少しました。それでも、ディーゼルエンジンから排出されるガスの中には、炭化水素などが多量に含まれています。

東京都などでは1日に自治体に入ってくるディーゼルエンジンを積んだトラックの数を規制したりして、光化学スモッグの発生を防いでいたりします。

車の運転を控えるのも予防につながるのではないでしょうか…

2.不用意にゴミを燃やさない

その昔、燃えるゴミは家庭で燃やしていたという地域も多かったのですよね。しかし、今は不用意にゴミを燃やすと、窒素酸化物などの光化学スモッグの原因になる物質が多量に空気中へ放出されます。

特に、燃焼温度が低い場合は要注意です。ですから、枯れ草などの一部を除いてゴミを家庭用の焼却炉で燃やさないようにしましょう。

特に、プラスチック製のものは、窒素酸化物以外の有毒ガスやひどいニオイが発生する場合もあるので、燃やさないよう心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか? 光化学スモッグについてわかりましたか? 光化学スモッグが発生する原因や体におよぼす影響、さらには予防策など知っておくといいですね!

もう一度おさらいしておきましょう。

光化学スモッグの原因は、自動車の排気ガスや工場の排煙等の大気汚染物質に太陽の紫外線が当たると「光化学反応」が起き、大気中に「光化学オキシダント」が発生し、光化学スモッグの原因物質となるんでしたね。

そして、次の条件がそろうと光化学スモッグが発生します。

・気温が高い(最高気温25度以上)
・日差しが強い
・風が弱い(ほとんど風がない)



※4月~10月にかけて発生しやすく、特に7~8月にかけて(梅雨の時期、初夏、夏)注意が必要でしたよね。

光化学スモッグ注意報・警報等が発令されたら…
1.屋外での激しい運動は避けましょう
2.体調の悪い人は室内で休みましょう
3.風向きを考え、窓を閉めましょう

まさに、この時期発生しやすいので気をつけましょうね。暑い夏を乗り切りましょう(^^)/

Sponsored Links