0d1b3407f70b5fdce25c07ce9dddd486_s

産後うつ病をみなさんは知っていますか? 出産後はホルモンのバランスが崩れ、慣れない育児、そして2~3時間毎の授乳などから疲れや睡眠不足となり、頭痛や倦怠感など症状が現れます。

その状態が続くことで、気分が落ち込み育児に対する不安などみられるようになり、うつ病となるのです。出産は女性にとって大きな変化を経験する時です。赤ちゃんが生まれてうれしい気持ちと、この先子どもをちゃんと育てられるのだろうか? など不安もあります。

私も初めての出産の時は、わからないことだらけで訳もなく涙が出たり、赤ちゃんがなんで泣いているのかわからずパニック状態の時もありました。

核家族化が進んだ現代では、家族の協力についても難しい問題となっています。母親は産後という大変な時期を一人で乗り越えなければならなくなり、耐えきれずに病気になることが多くなっているのです。

では、産後うつ病はどんな方がなりやすいのでしょうか? そしてどんな症状が現れるのでしょうか? 調べてみましたので参考にしてください。

Sponsored Links

産後うつ病の原因

産後にうつ状態になるタイプは、頑張り屋さんで完璧主義者の方に多いと言われています。まずは、何が原因で産後うつ病になるのか知っておきましょう。

主な原因としては「ホルモンの変化と疲れ」と言われています。

出産後、胎盤と一緒にホルモンが一気に流れ出てしまうため、体の中のホルモンバランスが急激に変化するのです。この変化が自律神経に作用して産後のうつ症状が現れるのです。

このような症状が起こりやすい時期は、産後1ヶ月~3ヶ月前後でピークを過ぎれば段々と落ち着いてきます。

慣れない育児の不安があったり、パパの態度に不満を持ったりすることもあるかもしれません。生活リズムの乱れや精神的なストレスも、ホルモンバランスが乱れる原因になります。

産後うつ病は長引く傾向もあり、子どもの発達にも悪影響を及ぼすこともありますので、家族が早めに気づいてあげることも大切です。

これから長い間子育てをしていかなければならないのですから、出産という大仕事をした後の自分自身の休養が一番大切だと思ってください。赤ちゃんが寝たら一緒に寝るなど休める時には休むようにしましょう。

完璧な子育てを目指さなくても大丈夫です。時には、手を抜いてのんびり過ごしてみましょう。何より、家族の理解を得ることは重要です。特にパパは産後うつがあるというのを理解してもらいましょう。

では、実際にどんな症状が現れるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

産後うつの症状

うつ病の症状と同じように、気分が落ち込んだり、不安感、イライラする、不眠、食欲不振などないか、その他にも次のような症状がないかチェックしましょう。

◆産後うつの主な症状
・母親としての役割が果たせないと悩む
・育児に自信がない
・子供の将来に不安がある
・育児に対し、神経質になる
・子どもがかわいく思えない
・赤ちゃんの世話で睡眠不足(はじめの1ヶ月くらいは授乳が2~3時間毎になるため)
・ひたすらおむつ交換と授乳の繰り返し
・始めのうちは、外出できず家に赤ちゃんと2人きりで過ごす時間が多い
・育児に対する不安(赤ちゃんがなんで泣いているのか、母として大丈夫なのか)
・自分の時間が取れず、イライラしてしまう



他にも、出産後はホルモンバランスの乱れから抜け毛に悩んだり、授乳が始まると顔や手、足がむくみやすくなります。しかし、これらの症状は産後1年くらい経てばおさまってきますので心配ありません。

産後うつ病にならないために自分でも考え方を変え、ポジティブにいきましょう! では、どのようにしていけばいいのでしょうか?

産後うつ病にならないためにできること

産後うつ病にならないために、時には開き直り完璧主義者をやめましょう。普段から心がけること、カンタンにできることからみていきますね。

◆産後うつ病にならないために
1.一人で子育てはできないから、少し夫や友人、祖父母に手伝ってもらおう
2.人目を気にしてもしょうがない。私は私・・・マイペースに行こう
3.夫がおむつ交換や家事がうまくできなくても、文句は言わず任せよう
4.一人でやろうとせず、他人ができることは任せよう
5.休める時に体を休めよう(子どもと一緒に寝れるときに寝る)



このようにうつ病にならないためには、一人で頑張り過ぎず時には手を抜きましょう! そして、あまり辛い時は病院や助産師さんに相談するのもいいでしょう。プロに相談することで気持ちが安心することもあります。

パパの協力なくしては育児は務まりません。一人で抱え込まないで時には、パパにイライラをぶつけてもいいのでは? パパも育児の大変さを理解してあげましょう。

同じように悩んでいる人はきっといます。インターネットのマタニティサイトなど閲覧してみるだけでも気分が変わりますよ! 全国には同じようにいいえ、もっと大変な思いをしている人もいますからね!

Sponsored Links

まとめ

産後うつ病の症状、いろいろありますね。特にママは、赤ちゃんといる時間が長いので、育児に対する悩みも多いはず! こんな時そばに相談できる人がいればいいのですが、そうそういません。

一人で悩まず、パパや友人、祖父母など困ったら手伝ってもらいましょう。きっとわかってくれますよ! 無理は禁物です。ママが元気なのが一番です。子どもはちゃんとわかっています。

産後うつ病にならないために、もう一度おさらいしておきましょう!

産後うつ病にならないためにできること
1.一人で子育てはできないから、少し夫や友人、祖父母に手伝ってもらおう
2.人目を気にしてもしょうがない。私は私・・・マイペースに行こう
3.夫がおむつ交換や家事がうまくできなくても、文句は言わず任せよう
4.一人でやろうとせず、他人ができることは任せよう
5.休める時に体を休めよう(子どもと一緒に寝れるときに寝る)

一人で頑張り過ぎず時には手を抜きましょう! 時には子どもと一緒にお散歩に出たり、家にこもってばかりでなく外にも行ってみましょう。育児を楽しんでみませんか?

Sponsored Links