e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s

暑くなってくると熱中症になってしまう人、増えますよね! 真夏だけでなく、暑い日や梅雨明けの時期も気をつける必要があります。誰にでも発症する危険性はあり、重症化すると生命に危険が及ぶこともあります。

特に子供は、体温を調節する機能が大人に比べて未発達です。子供は、大人より新陳代謝が活発で、体温が高いですよね。そして、汗腺の発達が未熟なため、うまく体温調節をすることができないのです。

ですから、屋外だけでなく屋内にいても熱中症になることがあります。私も経験があるのですが、子供と室内にいて朝は意外と涼しいし、節約…と思ってエアコンもかけずに過ごしていたら、頭が痛くなりめまいもして調子が悪くなったことがありました。

子供は、うまく症状を訴えることもできません。また、遊びに夢中になっていると喉が渇いても、多少暑くても忘れてしまいます。大人が水分補給や室内温度の管理、屋外なら日よけ対策など気をつけてあげる必要があります。

今回は、そんな子供達が熱中症にならないようにするためには、何に気をつけたらいいのか? 予防法を詳しくお伝えしますので参考にしてください。

熱中症とは?

熱中症にならないためには、まず熱中症について知っておきましょう!

熱中症とは、室温、気温の高い中での運動や作業により、体内の水分等のバランスが崩れ、体温調節が働かなくなり体温上昇・めまい・全身倦怠感(だるさ)などが起こることをいいます。

大人も子供も誰でもなりうるのです。ちょっと休んでいれば大丈夫だろう…などと軽く思っていませんか? ところがひどくなると、自分で水分も摂れず、けいれんや意識障害がみられ、危険な状態になることもあります。

それでは、主な症状を見ていきましょう。

熱中症の主な症状は?

軽度と中度、重度で症状が違うので、それぞれの症状をみていきましょう。

◆軽度の症状
・めまい
・立ちくらみ
・足などがつる(こむら返り)
・大量の汗
◆中度の症状
・頭痛
・吐き気
・全身倦怠感
・集中力低下
◆重度の症状
・意識障害
・けいれん

重度の症状が現れたら、すぐ救急車を呼んで下さい。自分で水分がとれない、脱力感・倦怠感が強く、動けない等、危険と思ったら迷わず救急車を呼びましょう。

自分

重度な症状は迷わず救急車を呼ぶ!

本来であれば、そうなる前に対応できたらイイですよね! 熱中症になってしまったらどうすればいいか? そして、予防法を調べてみました。

Sponsored Links

熱中症になってしまったらどうする?

まず、「今日は、体調が悪いな…」と思ったら無理はしない事です。でも熱中症になってしまったら、早めの対応で重症化を防げますので、すぐに次のような処置をしてください。

◆熱中症の対処法
・涼しい日陰やクーラーの効いた室内などへ移動する
・衣類をゆるめて、休む(身体を締め付けない)
・身体を冷やす(氷や冷たいタオルで太ももの付け根や脇の下、首すじを冷やす)
・うちわやタオルなどであおいで風をおくって冷やす
・水分を補給する(スポーツドリンクやミネラル麦茶などが良い。水に少量の塩やレモンを入れたものもオススメです)水分は、一気に飲まず少しずつこまめにとると良い
・熱中症予防のあめや塩分タブレット、梅干しやレモンなどを食べる
・足を高くして寝かせる(酸欠状態の脳に血液を戻す)
・手や足から身体の中心に向かって、マッサージをすると血液の流れが良くなるので効果的です

この対処法はあくまでも、意識があり、軽度~中等度の症状の場合です。重度の症状で、意識がもうろうとしていたり、水分を自分でとれなかったり、脱力感・倦怠感が強い時などは、すぐに救急車を呼びましょう。

子供の場合は、部活やスポーツなどで夢中にやり過ぎて、根性とか我慢などと多少調子が悪くても頑張ってしまいます。炎天下での運動で睡眠不足・疲れの溜まってる時・体調の悪い時などは無理をせず、安静にして休息することが大切です。

では、熱中症にならないためにはどうすればよいのでしょう? 簡単な予防法を紹介しますね!

Sponsored Links

熱中症の簡単な予防法!

子供や体力が衰え始めた高齢者は、熱中症にかかりやすいので気をつけましょう。熱中症にならないためにも予防法を知っているといいですよ!

◆熱中症の簡単な予防法!
・部屋の温度をこまめにチェックする(屋外の場合は炎天下は避ける)
・室温は28℃を超えないようにする(エアコン・扇風機を利用する)
・のどが乾いたら水分補給(こまめに水分をとる)
・身体を締め付けない服装にする
・日よけ対策(帽子・日傘など)
・適度に休息をとり、無理をしない
・日頃から栄養バランスの良い食事を摂る
・体力づくり(疲れにくい身体)
・体調が悪い時(睡眠不足や風邪気味などは暑い日の日中の運動・外出を控える)

「熱中症予防のための運動指針」の中で、気温が35℃を超えた日や気温がさほど高くなくても湿度が高い日の運動は、原則として中止とされています。気をつけましょう!

まとめ

熱中症は、ちょっと注意すれば防ぐことができます。しかし、熱中症になってしまったら紹介した対処法を試してみましょう! 意識がなく「これは、まずいな…」と思ったら、すぐに救急車を呼びましょう! 

子供や体力が衰え始めた高齢者は、熱中症にかかりやすいので日頃から予防しましょう。涼しい服装をしたり、外出時には帽子をかぶったり、こまめに水分をとるなど気をつけましょう。

そして、急に暑くなると体が暑さに慣れず熱中症になってしまうこともあります。日頃から外で元気に遊ぶなどして、少しでも暑さに慣れておくといいでしょう。(自然と体力もつくのでいいですね)

熱中症にはならないのが一番です。紹介しました予防法を参考に、暑い夏を乗り切っていきましょう。

Sponsored Links