852490048e193304534ef452b17b1e5b_s

初めての幼稚園、保育園選びはとっても迷いますよね! どちらに通う方がいいのでしょうか? 特にはじめての子どもであれば、どっちに入れようか悩んでいる方多いと思います。そもそも幼稚園と保育園では何が違うのでしょう?

大切なお子さんを預ける、そして、初めての集団の場である幼稚園と保育園。どちらも差はないように思えますが…私が子どもの頃は、幼稚園は学校の仲間だから教育がしっかりしている。保育園は、遊びが中心である。みたいな感じがしました。

ところが、現在はどちらも内容的には差はないように思えます。「どっちがいいのか?」 私の場合は、専業主婦だったので幼稚園を選びました。

最近では、働く女性が増え保育園が少なくニュースで話題となることもあります。選ぶときに役立つよう幼稚園と保育園の違いを知っておくといいでしょう!

Sponsored Links

幼稚園と保育園の特徴をチェック!

かつて、幼稚園は「小学校にあがる前の勉強の場」、保育園は「働く親の代わりに保育する場」という目的で設けられていました。しかし、現在では、どちらもいろいろな取り組みをしていてさほど変わりはないように感じられます。

それでは、それぞれの特徴を見ていきましょう!

幼稚園の特徴

対象年齢:3歳になった春~小学校入学前まで
一日の標準保育時間:4時間(9時~14時頃のところが多い)
保育料:公立の場合→1~2万円 私立の場合→3万円前後
給食:任意
先生の必要な免許:幼稚園教諭免許
管轄:文部科学省

保育園の特徴

対象年齢:0歳児~小学校入学前まで
一日の標準保育時間:8時間以上で11時間は開所(7時半~17時,18時くらいが多い)
保育料:子どもの年齢が低いほど高い。0歳児→4万円前後 5.6歳児→2万円前後
給食:義務
先生の必要な免許:保育士(国家資格)
管轄:厚生労働省

※保育料は、各自治体で違ったり、各園で差はあります。あくまでも平均的な値段なのでご了承ください。

保育料の他に、給食費や園の送迎バスの料金、いろいろな行事の写真代や制服などの料金が別途かかります。雑費も意外とかかりますのでご注意ください。

結局、幼稚園と保育園は何が違うの?

◆受け入れ対象となる子どもの年齢

・幼稚園は3歳から
・保育園は0歳から

と、だいぶ違ってきますね。でも、少子化により幼稚園でも、2歳頃からの慣らし保育的な活動を設けているところも増えています。(保育時間が2時間とか、短めだったりしますが…)

◆先生の資格

先生の資格も異なり、幼稚園は「先生」、保育園は「保育士」で免許が違います。ですから、幼稚園の先生は保育園では働けませんし、保育園の先生は幼稚園では働けないのです。

◆預け方と職員の人数

そして、預け方にも違いがあります。幼稚園は日中が中心、保育園は朝晩の保育時間が長くとられています。そのため、職員の設置人数も異なります。保育園では、乳幼児の年齢により設定されています。

◆管轄

幼稚園は、小学校入学前のお子さんの「教育施設」であり、これに対し保育園は、乳幼児を保護者に代わって預かる「児童福祉施設です。ですから管轄も違います。幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省で、それぞれの設立の目的が大きく異なっています。

幼稚園と保育園の違いはわかりましたか?

後は、悩んだ時は実際見学してみると良いかもしれませんね。幼稚園などは、見学会も開かれ普段の子ども達の様子を見ることができたり、体験させてもらえるところもありますよ!

私の場合は迷わず幼稚園を選択!

私の場合は、働いていませんでしたから何の迷いもなく幼稚園へ入れました。でも、共働きの親御さんは悩みますよね! 保育園は、なかなか空きがなく入れるのに大変です。妊婦の時から探している方もいます。

どうしても入れず、幼稚園へ入れて延長保育を利用している方もいました。幼稚園でも働いている親御さんが増えており、延長保育が夕方遅くまであったり、保育時間外に習い事などがそのままできたりいろいろな取り組みをしています。

私の子どもが通っていた幼稚園では、保育時間外に体操や英語、習字、ピアノ、学研、バイオリンなど習い事がたくさんありました。小学生になってもそのまま続けている子もいますよ! 幼稚園に出入りできるから懐かしいのだとか…

最近では、幼稚園と保育園の特徴を合わせ持つ、「複合型保育施設(認定こども園)」も増えているようです。近所の施設を調べてみると意外と近くに自分のスタイルに合った場所があるかもしれませんよ!

Sponsored Links

まとめ

大きな違いは、受け入れ対象となる子どもの年齢です。幼稚園は3歳からで、保育園は0歳からになります。しかし、現在は幼稚園も2歳頃から受け入れが可能なところもあります。(条件があったりしますが)

先生の資格も異なり、幼稚園は「先生」、保育園は「保育士」で免許が違います。それから管轄も違いますね。幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省と違います。

このように幼稚園と保育園では、昔は教育方針などが違っていたようです。しかし、現在はどちらも園内で子ども同士で遊んだり、何か製作したり、お遊戯や歌、運動会や発表会など・・・していることは、さほど変わらないようです。

幼稚園と保育園、どちらがよいのか? それは、一概には言えません。それぞれ園の教育方針もいろいろありますし、本当に子どもに合った園かどうかわかりません。

悩んだ時は、実際見学してみると良いかもしれませんね。幼稚園などは、見学会も開かれ普段の子ども達の様子を見ることができたり、体験させてもらえるところもあります。

子どもの合う合わないもありますが、親御さんの負担にならない方を選ぶのも良いのかもしれませんね。なんと言っても、子どもが楽しく通えるのが一番ですね。じっくり考えてあげましょう。

Sponsored Links