6a9737cd4dfb87d7f3e9193df0926c05_s
最近、カラスがゴミの日になると、どこからかやってくるようになってしまいました! 「カラスは頭がいい」とよく言われていますよね。本当にその通り…

ちゃんとゴミ袋を縛って、ゴミの収集場所のネットにも入れたはずなのに…「うわぁ〜またやられた」ゴミ収集車が来る前に、カラスは散らかしてくれます。家の前がちょうどゴミ収集場所なので、あたりは大変なことになっています。

しかも、葉っぱや草が入っているものではなく、しっかり生ごみの入っている袋を狙います。カラスは、中身をちゃんと見分けているようです。匂いはわかるのでしょうか??

私と同じように家の前が収集場所で、カラスに困っている方はいませんか? そんな方の悩みが少しでも解消できればと思い、私のカラス撃退法をシェアしたいと思います!

Sponsored Links

カラスの生態を知ろう!

まずは、カラスの生態について知っておきましょう。戦う前に敵!? を知っておかねばということで。

カラスの繁殖期は、春から夏にかけて3月から7月あたりです。うちの近所でも、冬の間はカラスをほとんど見かけなかったのに、暖かくなるとよく見かけます。

そのカラスたち、民家の屋根の上、ゴミ置き場の近く、電信柱の上で何をしているかというと、視覚でエサを探しています。狙っているのは家庭から出る生ゴミです。

田舎の場合は山などでエサを確保できますが、都会になるとエサが少ないのでゴミをあさります。標的になるのは生ゴミ。家庭からでる生ゴミは栄養価が高いので、繁殖期のカラスにとっては最高のエサなんです。

きちんとネットに入れられたゴミを、カラスはくちばしで引っ張り出し、ネットから出してつつきまくり、ゴミが散乱してしまいます。ゴミ収集車がゴミを回収しても、カラスはまた戻ってきます。今度は仲間を呼んでくるのです。

こんな風に一旦「ここにエサがある」とカラスが覚えてしまうと、頻繁にその場所は狙われるようになるんです。

また、繁殖期は多くのヒナが巣立っていくのですが、そこでまた生ゴミを狙います。カラスの狙いは生ゴミということを覚えておきましょう!

カラスは学習能力は想像以上に高い

みなさんの想像以上にカラスは頭がいいんです。だから困るんですよね。

カラスは目がいい?

カラスは、人間では見ることができない紫外線まで見えていて、赤色やオレンジ色の物は肉の色と認識しているんです。

みかんの皮や柿の皮などは、透明の袋の中にあるとすぐわかるので、肉と間違えて袋をつついて破くのです。そして、次から次へと散らかします。困りますよね!

匂いをあまり感じない

嗅覚はあまり発達していません。エサの匂いはほとんどわからないんですよ! ですから色でエサだと認識し、次から次へとつつきます。エサでないものまで…(子どものオムツやビニールなど)とにかく散乱し大変です。

そもそも、カラスのエサって何なんでしょう…

カラスのエサは何?

カラスは、野菜や魚は食べません。肉やマヨネーズ、嗜好品を好みます。生ごみをあさっているイメージが強いので、食べ物ならなんでもいいのかと思っていました。カラスは完全肉食なんですよ!

そのほかのカラスの特徴

・情報伝達力が優れている
・安全と分かれば気にしない
・他の鳥に比べて大脳が発達している
・人を認識できる(同じ人を5年くらいは覚えているとか…!?)
・見慣れないものや音などは警戒して近づかない

散らかったゴミは、汚いし、カラスが集まってくると子どもも怖くて泣きだします。どうにかならないのでしょうか? 生態がわかったところで、撃退法を紹介します。カラスと「知恵くらべ」です。あきらめず根気よくやってみましょう。 

Sponsored Links

私が実践したカラス撃退法

カラスは、学習能力が高いのでエサのある場所は覚えてしまいます。一度被害に合うと繰り返しゴミをあさりに来るので、そのことをまず覚えておきましょう!

と、いうことは… 一度、危険な場所であるとカラスが認識すれば、もう来なくなるわけです。

光りモノによる防鳥

よく見かけるカラス撃退法です。

・CDやキラキラテープ(防鳥テープ)を取り付ける
・CDやキラキラテープはそのまま放置しない
・時々CDの色を変えてみる
・不規則に動くなど工夫する

ただ見た目がワルイんですよね。キラキラしたCD、ゴミ収集場所が家の前にあると違和感満載です。なので、私の場合はゴミ収集場所の対策をしました。

ゴミ収集場所の対策

カラスは黄色が嫌いなどと言いますが、そんなことはなさそうです! 私が出しているゴミ収集場所では、黄色いネットを使っていますが荒らされています。

では、どうすればいいのでしょうか?

・収集時間を守る
・食べ残しを減らす
・ゴミネットに重りをつける(端に石やレンガのようなものを置く)
・ネットに隙間ができないように捨てる
・投げ込んだりしない(袋が破れてしまう)
・生ごみは紙袋や新聞紙に包み、外から見えないようにする
・個人個人が気を付けるように声をかけよう

えっ!? と思われるかもしれませんが、ゴミ収集場所を工夫するだけでカラスは来なくなりました。カラスにこの場所は無理だと思わせたんです。グッズを使うこともなく、ちょっとした工夫だけでカラスは来なくなります。

スグに取り組めることですので、ぜひ試してみてください。

また、カラスは見慣れないものがあると警戒して近寄ってきません。ただ、それが危険ではないと分かれば気にしなくなります。とにかく「この場所は危険だ!」とカラスに覚えさせるのもポイントですよ。

まとめ

カラスは、本当に学習能力が高いです。でも、生態や特徴を知っていれば撃退できます。あきらめずに今回紹介した対策を試していきましょう。

ちなみに私の家の前のゴミ収集場所にカラスは来なくなりました。こっちの勝ちです! ゴミの出し方に気をつけたのが功を奏しました。まずは、食べ残しを減らし、生ごみは新聞に包むなどして見えないよう工夫することから始めましょう。

絶対にカラスに負けないでくださいね!

Sponsored Links