9b7bca242ff6e7d0369e77d77bb30b85_s
初めての妊婦さん。出産が近づいてくると準備しておかなくてはいけないものが、育児雑誌やベビー用品店などで紹介されていて、意外と多くてビックリしますよね! 出産前にそろえるものって結構あるんですよ! 

やたらと数多くのベビー用品がチェックリストに載っています。ベビー服、お風呂グッズ、ベビーベットや布団、ベビーカーなど本当にたくさんのベビー用品があり、「そろえるといくらかかるんだろう…」と考えますよね。

私も初めての赤ちゃんの時は、あれこれ買い揃え、まだ出産してないのに、お家がベビー用品の荷物でいっぱいでした。育児雑誌や病院からもらったチェックリストを参考に買って結局使わないものもありました。

今思えば、買わなくても家にあるもので代用できたり、短期間しか使わないようなものはレンタルを賢く使ったりできます。

これから出産準備品をそろえるというママは、ぜひ読んでみてくださいね!

Sponsored Links

出産準備品で必要なもの

最低限必要であろう出産準備品をピックアップしてみました。

・おむつ
・おしりふき
・衛生用品
・ベビー服
・哺乳瓶、粉ミルク
・おむつ用ゴミ箱
・赤ちゃん用寝具

それでは、一つずつ見ていきましょう。

・おむつ
布おむつと紙おむつがあります。私は両方用意しましたが、布おむつは洗濯が面倒になり数回使用し、紙おむつに変えました。紙おむつは新生児用のテープ式のものを準備しておきましょう。

・おしりふき
おむつ替えの時に赤ちゃんのおしりを拭いたり、顔や手を拭くのにも使えます。しばらく使うのでまとめ買いがお得です。

・衛生用品
ベビー用綿棒、ベビー用爪切り、ボディソープ、ガーゼハンカチ(5~6枚)などあった方がいいですよ。ガーゼハンカチは授乳やお風呂で使えるので多めにあると便利です。

ボディソープは、赤ちゃん用だとちょっと値段が高いので、泡で出るタイプの弱酸性のものを使っていました。

・ベビー服
サイズは50~60や70~80といった幅広いサイズのものを買った方が長く使えます。夏場は、家にいる時などは肌着一枚でもOKです!

・哺乳瓶、粉ミルク
母乳で育てようと考えていても、産後母乳が思うように出ないこともあります。母乳が足りなくてミルクを足すこともあるので、哺乳瓶を1本は用意しておきましょう。粉ミルクは小さめのものでいいので1缶(スティックでもOK)用意しておくと安心です。

産後、母乳とミルクの混合になったら、その時また購入すれば大丈夫です。私は、母乳がよく出たので10ヶ月頃までミルクは買いませんでした。サンプルでもらったステックタイプのものを何度か試しに飲んだ程度です。

・おむつ用ゴミ箱
新生児の頃は1日に10~20回くらいおむつを替えます。1週間では何枚になるのでしょう… 始めのうちは普通にゴミ箱に捨てていましたが、すぐにゴミ箱がいっぱいになるし、臭います。蓋つきの安いものでいいのでおむつ専用ゴミ箱はあった方がいいですよ!

・赤ちゃん用寝具
両親と同じ布団に寝るのは危険です。赤ちゃん専用の布団で寝かせましょう。ベビーベットを用意してもいいかと思います。でも場所をとるのでちょっと…と考えますよね!

私が出産した時は、狭い部屋でしたので始めの1~2ヶ月のみベビーベットをレンタルし、その後は赤ちゃん用の布団に寝かせていました。

今回紹介した必要なものは、私が経験した中で必要だったものです。人によっては、必要ないものもあります。

家庭によっては必要なもの

・チャイルドシート
6歳以下の子どもを車に乗せる場合は、チャイルドシートに着席させことが義務付けられています。退院時に車で帰る場合は、乗せられるよう準備しておきましょう。

・体重計
赤ちゃん専用の寝かせて測るタイプです。母乳の場合どのくらい飲んだのかわからないので、赤ちゃん専用の体重計があると細かく把握でき便利です。レンタルなどあるので利用するといいですよ!

普通の体重計でも代用できますので、無理にそろえなくても大丈夫です。

・湯温計
お湯の温度が調節できる環境であれば必要ありません。自分の手を入れていい湯加減と思う程度でOKです。わからなくて不安な方は用意してもいいですね。

【湯の温度の目安】

夏の適温:38~39度
冬の適温:40~41度

大体の目安なので、自分がお風呂に入るときの温度で大丈夫ですよ!

必要なかったもの

・ベビーパウダー
・ベビー枕
・赤ちゃん用体温計
・哺乳瓶専用洗剤
・授乳用クッション
・ベビーバス

それでは、なぜ必要なかったのか見ていきましょう。

・ベビーパウダー
あせもやかぶれを予防するためのベビーパウダーですが、赤ちゃんがパウダーを吸い込む危険性や、しわの部分にダマになって肌がかぶれたり、汗腺をふさいであせもを悪化させたりトラブルもあります。

私も初めての赤ちゃんの時は、母にすすめられ使ってみましたが、パウダーが合わなくて皮膚のトラブルがありやめました。皮膚を清潔にして、ドライでいるようにすれば特につける必要もないのでは…と考えます。

赤ちゃんには、余計な皮膚トラブルを起こしてほしくないですものね!

・ベビー枕
「頭の形がよくなる」などいわれていますが、結局いつも同じ方向を向いていました。そして、赤ちゃんは少し活動的になると枕から外れて必要なかったです。バスタオルなどで十分代用できます。

・赤ちゃん用体温計

測定時間が短くても測れるベビー用タイプ(耳用、脇用)があります。耳用と脇用では誤差があり、正確ではありません。普通の体温計で十分なのでわざわざ買わなくてもいいですよ!

・哺乳瓶専用洗剤
普通の食器用洗剤で代用できます。

・授乳用クッション
あると便利ですが、わざわざ買わなくても家にあるクッションや枕などで代用できます。私は、たまたまお友達からお祝いで頂いたので使いましたが、なくても平気ですよ!

・ベビーバス
新生児のうちは、家族と同じお風呂に入れるのは難しいのでベビーバスがあると便利です。しかし、結構大きくて場所をとり収納に困るんですよね! 

最近のお家は洗面台が広いのでそこを利用している人もいます。他にも大きめの洗面器やたらい、収納ケースを利用している人もいます。わざわざそろえなくても家にあるものでも代用できるので、うまく活用しましょう。

洗面台でする場合の便利グッツ(滑り止め用マット)やビニールプールの小さいものなどあります。夏はビニールプール代わりに遊べたり、折りたたんで収納できたり、いろんな工夫がされている商品もありますよ! 探してみてもいいかもしれません。

Sponsored Links

産後に購入を検討して間に合うもの

・ベビーカー
最近は、新生児から使えるものもありますが、首がすわってからだったり、お座りができるようになってからだったりベビーカーによっていろいろ種類があります。

無理に早くから購入しなくてもOKです。

・抱っこひも
新生児から使えるものと、首がすわってから使えるものとあります。夏と冬とでは服の厚みで差もあるので、必ず試着してから購入しましょう。そんなに急いで買う必要もないので産後の様子を見ながら購入しましょう。

あると便利ですが、車での移動が多かったり、お出掛けはベビーカーの方が多い人はあまり使わないかもしれませんね!

・搾乳機
私の場合、一度も使いませんでしたが働いているママや搾乳しないと溜まり過ぎちゃうママは使うのかもしれません。でも、一部では搾乳機を使うと母乳の出が悪くなるともいわれています。

私は、搾乳機を使うより自分でマッサージして、絞ったりする方が母乳が出て良かったです。始めは赤ちゃんがあまり飲めず、おっぱいが張って辛かったけど、吸えるようになるとほとんど絞り出すことなく過ごせましたよ!

搾乳機を使うかどうかは、ママの生活スタイルによるので産後必要に応じて購入するか検討してくださいね。

・哺乳瓶を消毒する機械
私は完全母乳でしたので、ほとんど使っていません。

しかし、1歳近くになって母乳だけでは足りなくなり粉ミルクも使うようになりました。それで哺乳瓶が3本入るレンジでチンする消毒器を使っていました。普段は哺乳瓶を収納できるのでちょうど良かったです。

ミルトンなどで消毒しているママもいますが、熱湯消毒の方が安全ですし簡単です。わざわざ買わなくても鍋で熱湯消毒でもいいと思います。

まとめ

出産準備品は、最低限必要なものを準備しておけば、出産後に少しずつそろえても全然間に合います。焦らず、ゆっくりで大丈夫です。それでは、もう一度必要なものをチェックしておきましょう。

出産準備品で必要なもの

・おむつ
・おしりふき
・衛生用品
・ベビー服
・哺乳瓶、粉ミルク
・おむつ用ゴミ箱
・赤ちゃん用寝具

これだけ準備しておけば大丈夫です。もちろんこれは赤ちゃんに必要なものなので、ママが入院に必要なものもあると思いますのでお忘れなく。

赤ちゃんのことを考えながらそろえていくのも楽しいんですよね!

Sponsored Links